«
»

フォト rss

小学生のみ、「野球で自由研究!コンテスト」

 野球殿堂博物館(東京都文京区)では、野球をテーマにした「第5回 野球で自由研究!コンテスト」の作品を募集中。

1
続き

親に会わせて、訴える600体のテディベア

 ワシントンの米議会近くで16日、ケージに閉じ込められた600体以上のテディベアが展示された。

 親子の引き離しを招いた移民政策に対する抗議運動の一環で、今も多くの子供たちが親と再会できずにいることを訴えた。

1
続き

日本人最多、若田光一さんが5度目の宇宙へ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、宇宙飛行士の若田光一さん(57)と古川聡さん(56)が国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在することが決まったと発表した。滞在時期はそれぞれ2022年、23年ごろになる見通し。

 若田さんの宇宙飛行は5度目、ISS長期滞在は3度目でいずれも日本人最多。古川さんの宇宙飛行とISS長期滞在はいずれも2度目となる。

1
続き

実効性に疑問? 「人数制限」の徹底は困難

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、飲食店支援策「Go To イート」の人数制限が検討されている。ただ、制限しようにも実効性のある取り組みは限られ、結局は店側と利用客の意識に委ねる形になりそうだ。専門家は「増加を想定した備えは十分だったのか」と首をかしげる。

1
続き

コロナ感染急拡大の中、東京で食事券販売開始

 新型コロナウイルスの急速な感染拡大に歯止めがかからない東京都で20日、外食需要喚起策「Go To イート」のプレミアム付き食事券の販売が始まった。購入客の中には、「感染拡大が収まるまで(券の使用は)控える」(40代主婦)と不安を抱く人も少なくないようだ。

1
続き

サンパウロのパウロ・マシャドさん、力尽きる

 ブラジル・サンパウロ市内の大学病院に51年にわたり入院していた男性(53)が18日、息を引き取った。死因は明かされていないが4日ほど前から危篤に陥っていた。男性は寝たきりながら、新聞のコラムやインターネット交流サイト(SNS)を通じて前向きに生きる姿を発信し、多くの人を励ましてきた。

1
続き

マンボウに餌をプレゼント、一足早いXマス

 横浜市金沢区の「横浜・八景島シーパラダイス」で20日、サンタクロース姿のダイバーがマンボウに餌をプレゼントするイベントが始まった。

 一足早くクリスマスを感じながら、飼育が難しいマンボウを間近で見てもらおうと企画。

 訪れた子供たちは水槽に駆け寄り、サンタとマンボウの共演に見入っていた。12月25日まで。

1
続き

東京都のコロナ感染状況、最も深刻なレベルに

 東京都は19日、専門家を交えた新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き「急速な感染拡大の局面を迎えた」として、都内の感染状況を最も深刻なレベルに引き上げた。都は重症化リスクの高い高齢者に対し、会食を避けるよう要請。重症患者の増加に備え医療体制を強化する。

1
続き

「くまの」と命名、省人化の新型護衛艦が進水

 深刻な人員不足に対応するため、乗員数を半減させコンパクトな設計とした海上自衛隊の新型護衛艦(全長133メートル、排水量3900トン)の命名・進水式が19日、三井E&S造船の玉野艦船工場(岡山県玉野市)で行われ、「くまの」と命名された。2022年3月に配備される。

1
続き

新型旅客機「737MAX」が年内に運航再開も

 米航空機大手ボーイングは18日、2度の墜落事故を受けて世界中で運航停止となっている新型旅客機「737MAX」について、米連邦航空局(FAA)から運航再開の承認を得た。米航空会社には年内の路線復帰に向けた動きも出ている。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、主力のMAX機の生産が順調に回復するかは不透明だ。

1
続き

韓進グループがアシアナ航空の買収を決める

 韓国航空最大手の大韓航空を傘下に持つ韓進グループは16日、経営再建を進める同国2位のアシアナ航空の買収を取締役会で決めた。新型コロナウイルスによる航空需要の落ち込みで厳しい逆風を受ける中、政府主導で業界再編に乗り出し、国際競争力を高める狙いだ。

 大韓航空は政府系の韓国産業銀行の支援の下、来年に増資を行い、買収資金1兆8000億ウォン(約1700億円)を調達。来年中にアシアナ航空を子会社化する。

1
続き

キム・アング氏「影響の大きさに驚いている」

 米大リーグで初めての女性ゼネラルマネジャー(GM)となったマーリンズのキム・アング氏(51)が16日、フロリダ州マイアミの本拠地マーリンズパークからリモート会見に臨み、「多くの人に影響が及んだことに驚いている。みんな希望を求めている。自分のGM就任がその一部になることを幸せに思う」と語った。

1
続き

探査機「はやぶさ2」、カプセルが来月帰還

 日本の探査機「はやぶさ2」が12月に地球に帰還するのを前に機運を高めようと、小惑星の砂が入ったとみられるカプセルの落下地点となるオーストラリアで19日、関連映画の上映会が開かれた。はやぶさ2は2014年12月に打ち上げられ、約3億キロ離れた小惑星「りゅうぐう」で砂などを採取。来月6日にはカプセルが南部のウーメラ砂漠に落下する。

1
続き

「まるでもぐらたたきだ」、都内で広がる不安

 東京都が19日、2カ月ぶりに新型コロナウイルスの感染警戒を最高レベルに引き上げた。1日当たりの感染者は初めて500人を超え、急速な感染拡大に歯止めがかからない。「まるでもぐらたたきだ」「雇用が心配」。都内では飲食店主らから不安の声が聞こえた。

1
続き

伊豆諸島・鳥島と尖閣諸島のアホウドリは別種

 伊豆諸島・鳥島に生息する特別天然記念物のアホウドリは、約1700キロ離れた沖縄県・尖閣諸島でも生息が確認されているが、北海道大と山科鳥類研究所の研究チームは、身体の各部位の測定などから、両地域のアホウドリは別種と確認した。論文は19日、ドイツの生物学専門誌に掲載された。

 研究チームは尖閣のアホウドリを「センカクアホウドリ」と命名することを提案した。

1
続き

旅客船 「Shrimp of Art」 が漂流物に衝突、 沈没

 19日午後4時40分ごろ、香川県坂出市沖の与島の北側で、高松海上タクシーが運航する小型の旅客船「Shrimp of Art」(19トン)の船長から「漂流物に衝突して浸水している」と118番があった。

 高松市海上保安部によると、旅客船には修学旅行中の坂出市立川津小学校の児童52人と引率の教諭5人が乗っており、乗組員らを含む計62人全員が海上保安庁の巡視船艇などに救助された。船はその後、沈没した。

3
続き

ボージョレが解禁、新型コロナで出荷は低調

 フランス東部ブルゴーニュ地方産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の販売が19日午前0時、解禁された。国内ボージョレ市場はピークの2004年比で半分程度に縮小。今年は新型コロナウイルスの影響で飲食店向けの出荷が減り、一段と減少する見通しだ。

1
続き

新型コロナの国内感染者、初の2000人超え

 新型コロナウイルスの感染者は18日、国内で新たに2201人が確認された。1日当たりの感染者数が2000人を超えるのは初めて。死者は全国で14人増え、累計で1947人となった。

 5都県で新規感染者が過去最多を更新するなど、感染拡大「第3波」の様相を呈している。政府は需要喚起策「Go To」キャンペーンを維持する方針だが、他人との接触機会が増える事業のあり方が問われそうだ。

1
続き

菅首相、「強固な日米同盟の抑止力の維持を」

 菅義偉首相は18日、米海兵隊トップのバーガー総司令官と首相官邸で面会した。首相は「強固な日米同盟の抑止力・対処力の強化、そして『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向け連携していきたい」と呼び掛けた。バーガー氏は「地域の安全保障環境が厳しさを増す中、同盟の抑止力維持に向け、変革を進め、一つのチームで取り組みたい」と応じた。

1
続き

鳩山由紀夫首相は「感じは良いが厄介な同僚」

 オバマ前米大統領は17日発売の回顧録で、2009年11月に鳩山由紀夫首相(当時)と初会談したことに関し、「感じは良いが厄介な同僚だった」と指摘した。その上で、「3年弱で4人目の首相であり、日本を苦しめてきた硬直化し、目標の定まらない政治の症状だ」と酷評した。

1
続き

終了間際に勝利への執念、川崎が最速Vに王手

 緊迫感に包まれた川崎と横浜Mの対決は、レッドカードによって一変した。前半40分に横浜MのGK高丘がハンドを犯し一発退場。押され気味だった川崎に流れが傾いた。

 10人の相手に対し、数的優位をつくってボールを保持できるようになった。後半8分に途中出場の三笘が先制ゴール。だが、昨季王者の横浜Mも一歩も引かずに迫力ある速攻で対抗してきた。6分後に同点とされた。

1
続き

香港警察のフェイスブックに「鬼滅」キャラ?

 香港警察が日本の大人気アニメ「鬼滅の刃」の主人公をまねたマスコットキャラクターを使い、「著作権を無視している」と批判を浴びている。

1
続き

「安・近・短」、修学旅行の傾向がコロナで変化

 新型コロナウイルスの影響で、修学旅行の傾向が変化している。キーワードは「安・近・短」。かつて「安い」を指した「安」は「安全」に。そして近場で短期が主流だ。

 日本修学旅行協会(東京都中央区)によると、春シーズンはほぼ全ての学校が旅行を中止。秋も見送りが多かったが、国が実施を奨励するなど「子供に思い出を」と求める声が高まり、再検討する動きが増えた。

1
続き