■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    手を焼く!? クリスマスの焼き菓子

     1日、ドイツ東部ドレスデンで、クリスマスの伝統焼き菓子シュトレンをせっせと積み上げる職人。

     同地で7日に開かれる祭り用に準備されたこのシュトレンは、一つ8キロを300個も積み上げた超巨大版。(AFP=時事)

    0
    続き

    「感謝でいっぱい」競泳寺川が引退

     競泳のロンドン五輪女子100メートル背泳ぎとメドレーリレーで銅メダルを獲得した寺川綾(29)=ミズノ=が4日、東京都内で記者会見し、「思っていた以上に長い間、競技を続けられた。感謝の気持ちでいっぱい」と語り、現役引退を表明した。今後は水泳の普及活動に携わるという。

    0
    続き

    ラブジョイ彗星が見頃に

     今月上旬に明るくなると期待されたアイソン彗星(すいせい)は11月29日の太陽最接近時にばらばらになってしまったが、夜明け前のほぼ東の空では「ラブジョイ彗星」が明るく見え始めている。国立天文台の縣秀彦准教授は「予想より明るく、夜空が暗い所なら肉眼で分かる。都市部でも双眼鏡を使えば見える可能性が高い」と観測を呼び掛けている。

    0
    続き

    GPシリーズ、ロシア勢目覚ましい女子の台頭

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争うファイナル(12月、福岡)進出者のうち、女子はロシア勢が4人を占めた。ロシアではここ数年、ジュニア世代の台頭が目覚ましかったが、フィギュア王国の面目躍如となった。

    0
    続き

    2015年のNHK大河は「花燃ゆ」

     NHKは3日、2015年の大河ドラマが、幕末の長州藩士で思想家でもあった吉田松陰の妹・文が主人公の「花燃ゆ」に決まったと発表した。女優の井上真央さん(26)が主演する。

     文は松陰が講義した松下村塾の塾生たちにかわいがられ、久坂玄瑞に嫁ぐ。ドラマは幕末の動乱に翻弄(ほんろう)されながら、新しい時代へ松陰の志を引き継ぐ文の波乱の人生を描く。脚本は大島里美さんと宮村優子さん。

    0
    続き

    「バニラ」1号機、成田空港でお披露目

     格安航空会社(LCC)の「バニラ・エア」(千葉県成田市)は3日、20日の営業運航開始に向けて導入した同社仕様のエアバスA320型機を、成田空港で報道関係者に公開した。

    0
    続き

    2013新語・流行語大賞、過去最多の4語

     今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2013ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が2日発表され、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の「じぇじぇじぇ」、TBSドラマ「半沢直樹」の決めぜりふ「倍返し」、予備校講師の林修さんがCMで使った「今でしょ!」、20 年東京五輪招致で滝川クリステルさんがプレゼンテーションした「お・も・て・な・し」の4語が大賞に選ばれた。

    0
    続き

    「イースト・アイ」、北陸新幹線試験走行開始

     2015年春に長野-金沢間で開業予定の北陸新幹線の試験走行が2日始まった。試験走行は長野-黒部宇奈月温泉(富山県黒部市)間の約135キロ。1998年の着工以来、長野駅以北に車両が走るのは初めてとなる。

    0
    続き

    川上哲治さん「お別れの会」、都内で開かれる

     10月28日に93歳で亡くなったプロ野球巨人の元監督、川上哲治さんの「お別れの会」が2日、東京都内のホテルで開かれた。巨人元監督の長嶋茂雄氏、王貞治氏のほか張本勲氏、野村克也氏ら多くの球界関係者が参加し、故人をしのんだ。

    0
    続き

    「高級ワインもあります」

     「高級ワインもあります」。低価格で知られ、日本でも人気の高いチリのワイン業界が生き残りを懸け、ブランドの確立に力を入れている。欧州の経済危機などをきっかけに主要輸出先からの値下げ圧力が激化。薄利多売の商法では「先細りするだけ」と危機感を抱く。

    0
    続き

    米飯給食レシピ本、千葉・南房総市が出版

     千葉県南房総市は、市内の幼稚園や小学校、中学校で提供している米飯給食のレシピ本を出版した。価格は1200円で、全国の書店などで販売している。米飯給食の取り組みをPRするとともに、家庭での食習慣改善に役立ててもらいたい考えだ。

     市は2011年度から、給食を地元食材を使用した和食主体の米飯メニューに切り替えた。収録したレシピは約70品。栄養バランスを考えた1週間分の献立を掲載した。

    0
    続き

    砂のアートでストップ・エイズ

     インド東部プリの海岸で11月29日、エイズ感染防止を訴える砂のアートが姿を現した。

     世界保健機関(WHO)は、エイズ防止と患者への差別解消を目指し、12月1日を世界エイズデーと定めている。(AFP=時事)

    0
    続き

    バカラ社製のクリスタルの「くまモン」

     高級クリスタルガラス製品の仏バカラ社は、熊本県のゆるキャラ「くまモン」のフィギュアを9日に発売する。バカラ社の日本法人バカラパシフィック(東京)の小川博社長が2日、熊本県庁に蒲島郁夫知事を訪ね、製品第1号を贈呈した。

     全国のバカラショップで販売し、価格は3万9900円。

    0
    続き

    受刑者の心開くラジオ

     富山刑務所(富山市)で毎月1回放送されるラジオの長寿番組がある。清源寺の住職川越恒豊さん(72)がディスクジョッキー(DJ)を務める「730ナイトアワー」。全国初の受刑者向けラジオを34年間休まず続ける川越さんの語りは、受刑者の心を開かせ、犯した罪と向き合うきっかけになっている。

    0
    続き

    益川さん、小林さんが東京で講演

     2008年のノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さん(73)と小林誠さん(69)の受賞5年を記念する講演会が30日、東京都西東京市の多摩六都科学館で開かれた。小林さんは「(現代物理学の基礎となる)標準理論は決して究極のものではない。未知の素粒子があり、未知の相互作用がある。それが研究の大きな課題だ」と述べ、国際リニアコライダー(ILC)など次世代の計画に期待を寄せた。

    0
    続き

    「宇治茶」ポスターでPR

     宇治市観光協会(京都府宇治市)は、全国的に知名度の高い「宇治茶」を題材にした観光ポスターを作製した。

     JR西日本の奈良線や京阪電鉄の沿線各駅などに掲示するほか、旅行会社にも提供する。同じデザインの名刺とクリアファイルも作り、無料で配るという。

    0
    続き

    世界「最高」の皇太子

     涼しげな表情で国旗を振る男性が腰掛けているのは、地上828メートルと世界一の高さを誇るアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの高層ビル「ブルジュ・ハリファ」のてっぺん。

     実はこの男性、ドバイ首長国のハムダン皇太子。12月2日の建国記念日を祝うため、11月26日にビル尖塔の頂点まで上ったという。(EPA=時事)

    0
    続き

    火口から吹き上がる黒煙や赤いマグマ

     海上保安庁は30日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)付近で、報道用の撮影のため航空機を飛行させた。火口から吹き上がる黒煙や赤いマグマ。20日の噴火以来、成長を続ける新たな陸地を空撮した。

    0
    続き

    「新人さんいらっしゃい」復興担う若者に期待

     福島市の中小企業の新入社員がパーソナリティーを務め、市内の他企業の新人を毎週ゲストに招いて作る地元コミュニティーFM局のラジオ番組が注目を集めている。同市のガス供給会社経営篠木雄司さん(51)が企画。東京電力福島第1原発事故の影響が続く中、「ふるさとの復興を担う若者の成長につながれば」との思いから番組を支えている。

     「はい。では続いて今一番頑張っていることは何でしょうか」

    0
    続き

    アイソン彗星、核の一部が生き残る?

     米航空宇宙局(NASA)は日本時間29日夜、太陽最接近時に核が崩壊し、ほとんど蒸発したとみられていたアイソン彗星(すいせい)について、核の一部が生き残った可能性があると発表した。欧米の太陽観測衛星SOHOが撮影した画像を引き続き分析した結果、明るい核のようなものが見つかった。

    0
    続き

    高級かんきつ「紅まどんな」、出荷が始まる

     愛媛県のみで生産されている高級かんきつ「紅(べに)まどんな」の出荷が始まった。県オリジナル品種の紅まどんなは、糖度などの基準を満たさないと名称の使用が認められない。贈答用として人気があり、大きさは伊予かん程度。甘くて果汁が多く、ゼリーのような食感が特長だ。

    0
    続き

    北海道広尾町、「サンタメール」を受け付け

     北海道広尾町は、町のホームページなどでクリスマスカード「サンタメール」の申し込みを受け付けている。内容は「届いてからのお楽しみ」(同町)だが、絵は京都市在住のイラストレーター永田萌さんが担当。サンタクロースからのメッセージが添えられる。1通500円で、申し込みは12月10日まで。

    0
    続き

    キャラメルとポップコーン、「恩赦」の七面鳥

     米国の祝日、感謝祭を控えた11月26日、ワシントンの会場でマスコミにお披露目された2羽の七面鳥、「キャラメル」と「ポップコーン」。

     米国では感謝祭に七面鳥を食べるのが一般的だが、2羽にはオバマ大統領による「恩赦」が行われ、食卓に上るのを免れる。(AFP=時事)

    0
    続き