■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    ペット用のカラフルなひよこ

     パキスタン南部カラチの市場で売られるひよこ。

     生まれた時は黄色いが、ペットにしたい若者の気をひくためカラフルに染められている。色付きひよこの相場は1羽当たり20~50ルピー(約19~48円)。(EPA=時事)

    0
    続き

    知花くららさん、WFPの日本大使に任命

     国連世界食糧計画(WFP)は13日、モデルの知花くららさん(31)を日本大使に任命した。知花さんは既にWFP「オフィシャル・サポーター」として6年間、途上国での就学支援と組み合わせた「学校給食プログラム」の広報活動を行い、アフリカなど現場入りも重ね実績は十分。活動の強化を図るため大使任命となった。

    0
    続き

    大阪城、たくさんの花に彩られて百花繚乱?

     たくさんの花に彩られて大阪城が百花繚乱(りょうらん)? 大阪観光局とハウステンボスは、14日から始まる「大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーション」の試験点灯を行った。

     大阪城(大阪市)をスクリーンに見立て、燃えさかる炎や花など色とりどりの3次元(3D)映像を音楽に合わせて投影する。

    0
    続き

    漢検協会主催「今年の漢字」は「輪」

     漢字1文字で一年の世相を表す恒例の「今年の漢字」に「輪」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で12日、森清範貫主が揮毫(きごう)した。2020年の東京五輪開催決定や、伊豆大島の豪雨被害など各地で起きた災害に支援の輪が広がったことなどを反映した。

    0
    続き

    松屋銀座店の屋上にスケート場

     百貨店の松屋は13日から来年3月2日までの期間限定で、銀座店(東京都中央区)の屋上にスケート場をオープンする。同社によると、日本の百貨店が屋上にスケートリンクを設置するのは初めて。「カップルや新しいお客さまが足を運ぶきっかけになれば」(古屋毅彦店長)と期待している。

    0
    続き

    独郵便大手、無人ヘリでの配送実験開始

     ドイツの郵便・宅配大手ドイツポストDHLは今週、西部のボンで小型無人ヘリコプターによる配送実験を開始した。小包を積んでライン河畔を出発したヘリは高度50メートルまで上昇。約1キロ離れた対岸の同社ビルに2分ほどで到着した。

    0
    続き

    新春歌舞伎、日銀でPR

     歌舞伎俳優の尾上菊五郎さんと尾上菊之助さん親子が11日、東京・日本橋の日銀貨幣博物館を訪れ、来年1月の国立劇場新春歌舞伎公演「三千両初春駒曳」をPRした。歌舞伎と日銀の異例のコラボレーションは、新春歌舞伎のポスターに同博物館所蔵の錦絵が使われたのがきっかけで実現した。

    0
    続き

    映画「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」

     テレビのスペシャルアニメ特番として話題となったルパン三世と名探偵コナン。劇場版の本作で再び共演。人気キャラクターのふたりがコンビを組んで、事件を解決する物語だが、テレビ版から次作を求める声が高まり、劇場版が誕生した。

     テレビ版では、ルパンの世界のなかにコナンが入り込んだ形になっているが、劇場版ではコナンの世界にルパンが入り込んでいる。

    0
    続き

    長嶋氏に輪島市から輪島塗蒔絵バットを贈呈

     プロ野球元巨人監督の長嶋茂雄氏が6日、東京都内のホテルで、5月に受賞した国民栄誉賞の記念として石川県輪島市から輪島塗蒔絵(まきえ)バットを贈呈された。

     半年をかけて制作された約1キロのバットは漆黒に染められ、金粉で背番号3や本人の名前などが記された。

    0
    続き

    日産、新型エクストレイルを16日に発売

     日産自動車は11日、全面改良したスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」の販売を16日に開始すると発表した。価格は224万9100~279万7200円と現行モデルとほぼ同じ水準にした。

     アウトドアだけでなく市街地でも走行しやすいように最新の運転支援技術を搭載した。日産の片桐隆夫副社長は11日の発表会で「最強のSUVと呼ぶにふさわしい車に仕上がった」と語った。

    0
    続き

    ラトビアで来月導入のユーロ硬貨の販売始まる

     2014年1月から欧州単一通貨ユーロを導入するラトビアで10日、同国が発行するユーロ硬貨の販売が始まり、少しでも早く入手しようと市民が銀行や郵便局に列を作った。

    0
    続き

    カリブ海地域の文化遺産の復活を願って

     南米コロンビアのカルタヘナで、建物の壁いっぱいに描かれた絵の前を歩く地元住民。

     カルタヘナでは最近、カリブ海地域の文化遺産を復活させようとする動きが活発化し、こうしたアートが盛んに出現しているという。(EPA=時事)

    0
    続き

    ケネディ駐日米大使が長崎を訪問

     キャロライン・ケネディ駐日米大使は10日午前、被爆地の長崎市を訪問した。ケネディ氏は1978年に広島を訪問しているが、長崎訪問は初めて。

     大使は長崎原爆資料館を訪れ、出迎えた田上富久市長と笑顔で握手。その後、長崎原爆での被害の実態や投下直後の惨状を示した展示室を視察し、被爆者の土山秀夫元長崎大学長(88)らから被爆体験などを聞いた。

    0
    続き

    浅田真央と金妍児、ソチ五輪で頂上決戦へ

     ソチ五輪のフィギュアスケート女子で対決が注目される2人が、時を同じくして本番に弾みをつけた。浅田真央(中京大)は7日まで福岡市で行われたグランプリ・ファイナルで連覇。ザグレブでのゴールデンスピンでは、右足負傷から復帰した金妍児(韓国)が今季初戦を優勝。宿命のライバル対決が最終章へと向かう。

    0
    続き

    来年のえとは「午」、絵馬の準備がピーク

     学問の神様、菅原道真公を祭る湯島天神(東京都文京区)で、来年のえとの「午(うま)」が描かれた絵馬の準備がピークを迎えている。

     参拝者の8割以上が入試や資格試験などの合格祈願で、みこの細畑京子さん(写真右)は「この絵馬が1人でも多くの人の手に渡って、笑顔になってくれたら」と思いを込めていた。

    0
    続き

    日航、ジャンボ機事故の展示施設を移転

     1985年に起きた日本航空ジャンボ機墜落事故で、機体の一部や乗客らの遺品を展示する「安全啓発センター」が移転し、10日に再び開館した。スペースが広がり展示品が見やすくなった他、事故防止に向けた同社の取り組みがパネル展示として新たに加わった。

     センターは2006年4月、社員教育のために東京都大田区の羽田空港近くに開設されたが、建物老朽化などに伴い、近くの別のビルに移転が決まった。

    0
    続き

    比レイテ島タクロバン、治療の遅れ目立つ

     台風30号の直撃で大きな被害が出たフィリピン・レイテ島タクロバンに国際医療支援団体「国境なき医師団」の一員として派遣された外科医の渥美智晶さん(37)が帰国し、「手術中にも停電が頻発した。初期治療も受けられない人もまだ大勢いる」と、被災から1カ月がたった今も危機が続いている現状を説明した。東京都内で4日、時事通信の取材に語った。

    0
    続き

    大阪桐蔭高の森選手ら、鮮やか「連係プレー」

     高校野球で甲子園を沸かせた大阪桐蔭高の3年生、森友哉選手(18)と久米健夫選手(18)が大阪市内のJR新今宮駅でホームから転落した老人を救助したとして、JR西日本は9日、2人に感謝状を贈った。

    0
    続き

    歌舞伎座来場者が100万人に

     今年4月に新装開場した歌舞伎座(東京都中央区)で行われているこけら落とし興行の来場者数が8日、午前11時開演の昼の部で100万人に達した。開場時には来場者全員に大入り袋に入ったチケットホルダーが記念品として手渡された。

     歌舞伎座では来年3月までの1年間で110万人の観客動員を目指していたが、4月以来大入りが続き、来年1月には目標を達成する見込み。

    0
    続き

    JR西日本が新型車両を報道陣に公開

     JR西日本は9日、走行中に脱線などの異常を検知すると緊急停車や近隣列車の停止などを自動で行う安全機能を搭載した新型車両を、近畿車両の工場(大阪府東大阪市)で報道陣に公開した。先頭部同士の連結時にホームから車両間への利用客の転落を防ぐホロを、先頭部に初めて装着。福知山線脱線事故などを踏まえ、車両の安全性を一層高めたという。

    0
    続き

    障害者がモデルのファッションショー

     全国から公募した障害者らがモデルとなったファッションショー「インクルージョン2013~地球再生・幸せを感じるミュージック~」(主催:勇気の翼2013ファッションショー実行委員会)が8日、東京・渋谷区の表参道ヒルズで行われた。

    0
    続き

    チョコの小便小僧

     ベルギーのブリュッセルで、大量のチョコレートを使って「小便小僧」を制作する女性。高さ2.5メートルの像を作るのに必要なチョコレートは約1000キロ。

     店頭のディスプレーとして使われた後、ベルギーのチョコレート博物館で展示されるという。(EPA=時事)

    0
    続き

    サンフレッチェ広島がJ1で連覇

     サッカーのJリーグ1部(J1)は7日、各地で最終節の9試合が行われ、サンフレッチェ広島が2年連続2度目の年間優勝を決めた。今季20周年を迎えたJリーグで、年間優勝チームとしてJ1の連覇を果たしたのは4チーム目。

     広島は鹿島アントラーズを2-0で破り、前節まで首位に立っていた横浜F・マリノスが川崎フロンターレに0-1で敗れたため、2位から逆転して栄冠を手にした。

    0
    続き