■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    竹を使った「かぐやびな」作りが最盛期迎える

     兵庫県上郡町の「まつい工芸社」で、地元産の竹を使った「かぐやびな」作りが最盛期を迎えている。内側を金色に塗った直径約12センチの竹筒の中に、友禅和紙で作った着物姿の男びなと女びなが仲良く並ぶ。

     代表の松井宏司さん(81)が考案し30年前から販売。今年はひな人形に膨らみを持たせ柔らかい印象にした。松井さんは「インテリアとしても楽しんでもらえたら」と話す。

    0
    続き

    「うまいパン」、山崎製パンと神戸屋が優勝

     コンビニエンスストア大手のファミリーマート(東京)はこのほど、昨年11~12月に行ったパン製造9社が新商品の売り上げを競う「うまいパン決定戦」の結果を発表した。

     優勝は神戸屋(大阪市)の「まるでリンゴ」(128円)と、山崎製パンの「白いメロンパン(赤肉メロン入りクリーム&ホイップ)」(138円)の2商品だった。

    0
    続き

    地上78階、超高層ビルでのブリッジは世界最恐?

     28日、バンコクの超高層ビル「マハナコン」でブリッジのポーズを決める少女。

     地上78階にある展望台はガラス張り。はるか眼下のミニチュアのような景色を見ながらのブリッジは世界最恐?

    0
    続き

    床に矢印の穴、京浜急行が「錯視サイン」導入

     京浜急行電鉄は29日までに、だまし絵のように目の錯覚を利用して注意を引く「錯視サイン」を羽田空港国際線ターミナル駅に導入した。看板が浮き上がり、床に大きな矢印形の穴が開いているように見えるデザインで、同社によると、鉄道会社が本格的に活用するのは初めて。

    0
    続き

    大迫さすがの2発、森保ジャパン決勝に進出

     さすがの一言に尽きる活躍だった。5試合ぶりに先発に復帰した大迫は、「出場できない時間が続いていたので、チームのために点を取ろうと思っていた」。見事に2ゴール。エースの仲間への思いは実った。

    0
    続き

    国立天文台などが太陽系外縁の小天体を観測

     太陽系の外縁にあるごく小さな天体を沖縄県・宮古島に設置した小型望遠鏡で間接的に観測したと、国立天文台や京都大、東北大、神戸大などの研究チームが発表した。英天文学誌ネイチャー・アストロノミー電子版に29日、論文が掲載される。

    0
    続き

    微小な「褐虫藻」は緑色蛍光たんぱくが誘引

     サンゴ礁を形成する造礁サンゴの細胞内に共生する微小な藻類「褐虫藻」は、サンゴの緑色蛍光たんぱく質(GFP)が放つ光に誘引され、取り込まれることが分かった。基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)や東北大、産業技術総合研究所などの研究チームが28日までに実験で解明した。論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

    1
    続き

    ロウバイが見頃、一足早い春の訪れを告げる

    埼玉県長瀞町の宝登山で、一足早い春の訪れを告げるロウバイが見頃を迎えた。淡い黄色の花が青空をバックに咲き誇り、訪れた行楽客らを楽しませている。

     同県羽生市から来た女性(34)は、「香りが好き。来月引っ越しするので、これが見納めです」と名残を惜しんでいた。

    0
    続き

    五輪ボランティアの愛称が応募者投票で決まる

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、大会運営を支えるボランティアやスタッフの愛称が、会場や選手村で活動する大会ボランティアは「フィールドキャスト」、空港や駅などで観光や交通を案内する都市ボランティアは「シティキャスト」に決まったと発表した。キャストは英語で配役を意味する。

    0
    続き

    予約殺到、大坂選手モデルの時計やスポーツ車

     テニス全豪オープンの女子シングルスで大坂なおみ選手が達成した日本勢初の優勝は、関連商品を販売する企業に絶好の商機をもたらしている。昨年9月に全米オープンを制した前後から注目が高まり、今回の四大大会2連勝により、大坂選手をモデルにした腕時計やスポーツ車に予約が殺到している。

    0
    続き

    暗殺された大量虐殺の首謀者、ナチス政権の高官

     ヒトラーが「鉄の心臓を持つ男」とあだ名を付けた人物がいた。ナチス政権の高官ラインハルト・ハイドリヒだ。ユダヤ人大量虐殺の首謀者だが、保護領のチェコに副総督として赴任し、そこで暗殺されたため名前は知られてこなかった。

     この人物を描いたローラン・ビネの小説「HHhプラハ、1942年」が世界25カ国で翻訳され、本屋大賞翻訳部門第1位ほか幾多の賞を総なめにして、驚異的ヒットを飛ばした。

    0
    続き

    ソニーの新サービス、アイボが家族を見守る

     ソニーは、犬型ペットロボット「aibo(アイボ)」が家庭で子供や高齢者などを見守る新サービスを始める。

     あらかじめ登録された家族を見つけ、その様子をスマートフォンに伝える仕組みだ。

     サービスは、2月中旬から無償で試行。6月からは月額1598円で提供する。

     利用者は見守ってほしい家族の顔などを事前に登録。家の中を歩き回るアイボを通じて、家族の姿を動画で見たり、室内を撮影したりできる。

    0
    続き

    冬の語らい? クマの囲いの中に降り込む雪

     24日、ドイツ西部フランクフルトの動物園で、囲いの中に降り込む雪。

     飼育されているクマ2頭がそれを報告し合っているかのようだ。

    0
    続き

    大坂なおみ、日本語で「うれしい、びっくり」

     テニスの全豪オープン女子シングルスで、日本勢初優勝を遂げた大坂なおみ(日清食品)が決勝から一夜明けた27日、メルボルン近郊で日本の報道陣の取材に応じ、日本語で「すごくうれしい。びっくりした。勝ちました」と喜びを語った。

    0
    続き

    エンゼルスの大谷翔平投手が周囲へ感謝を表す

     米大リーグで昨季のア・リーグ最優秀新人に選ばれたエンゼルスの大谷翔平投手が26日、ニューヨークで行われた授賞式に出席し、周囲への感謝を表した。両リーグ最優秀選手のベッツ外野手(レッドソックス)、イエリチ外野手(ブルワーズ)らとともにたたえられ、「偉大な選手たちとこの場にいられるのは光栄」とスピーチした。

    0
    続き

    二重の喜び、関脇玉鷲が初優勝と第2子誕生

     大相撲初場所千秋楽は27日、東京・両国国技館で行われ、西関脇玉鷲(34)本名バトジャルガル・ムンフオリギル、モンゴル出身が遠藤を下して13勝2敗とし、初優勝を果たした。34歳2カ月での初優勝は年6場所制となった1958年以降では旭天鵬の37歳8カ月に次ぐ2番目の年長記録。片男波部屋からの優勝力士は71年名古屋場所の横綱玉の海以来、48年ぶり。

    0
    続き

    「笑顔」の忠犬ハチ公、新写真が見つかる

     東京・渋谷駅で飼い主の帰りを待ち続けた忠犬ハチ公の新たな写真が見つかり、東京都渋谷区の白根記念渋谷区郷土博物館・文学館に寄贈されていたことが27日、分かった。同館によると、ハチ公の写真は70枚ほどが現存するとされるが、はっきり笑っているように見える写真は極めて珍しいという。29日から3月24日にかけ、同館で一般展示される。

    2
    続き

    ゴッホ美術館所蔵の名画「ひまわり」門外不出に

     オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館は、19世紀の画家ゴッホの傑作「ひまわり」を今後は貸し出さないと発表した。世界的に高い人気を誇る名画は「門外不出」となる。修復作業を行った国際的な専門家チームの調査で、壊れやすい状況にあることが判明したという。

    0
    続き

    初制覇、大坂なおみが精神面で「大人」目指す

     今季を迎えるにあたり、大坂が掲げた目標は「mature」。成熟し、大人になることを意味する英語だ。「うまく物事が進まなくても、受け入れて解決すること」を目指した。全米オープンで日本勢初の四大大会制覇を果たし、大躍進を遂げた昨季でも、時に見せた精神面のもろさを自覚していたからだ。

    1
    続き

    初確認、絶滅危惧種ナベヅルが四国への直接飛来

     越冬のためシベリアから日本に飛来する絶滅危惧種ナベヅルの成鳥が今季、海を越えて四国に直接飛来していたことが山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の調査で分かった。この1羽はその後、世界最大の越冬地である出水平野(鹿児島県出水市)に移動していた。同研究所はナベヅルが好条件の土地を求めて四国に飛来した可能性もあるとして、越冬地分散化につなげたい考えだ。

    0
    続き

    日本庭園ランキング、足立美術館が16連覇

     島根県安来市にある足立美術館が、米国の専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が主催する2018年の日本庭園ランキングで16年連続1位を獲得した。900カ所以上の日本庭園から選ばれた。全職員による毎朝の清掃などで入念に管理されている点が評価された。

     同館は横山大観をはじめとする多数の日本画を所蔵。広大な敷地内に配された枯れ山水庭や白砂青松庭といった日本庭園でも知られている。

    0
    続き

    幅20~30メートル、お台場に巨大な「五つの輪」

     東京都は25日、2020年東京五輪のシンボルとなる「五つの輪」のオブジェを、お台場周辺(港、江東、品川区)や高尾山(八王子市)など計6カ所に配置する方針を示した。お台場周辺のものは幅20~30メートルと、他の5カ所よりひときわ大きくし、20年1月ごろ設置する。

    0
    続き

    氷水を頭から浴びて邪気払う「寒中禊がまん会」

     氷が浮かぶ冷水を頭から浴びて心身を清める「寒中禊(みそぎ)がまん会」が26日、東京都千代田区の神田明神で行われ、新成人6人を含む、20~64歳までの男女42人が参加した。

    0
    続き