■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    平昌五輪のレガシー、小平と李に「韓日友情賞」

     韓国で昨年2月に開かれた平昌冬季五輪のレガシー(遺産)づくりを進める「2018平昌記念財団」は7日、平昌五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルを争った小平奈緒(相沢病院)と李相花(韓国)両選手に「韓日友情賞」を授与した。

    0
    続き

    収穫十分、渡辺一平選手が男子200平泳ぎで優勝

     ターンのたびに、世界新を期待する会場の歓声が大きくなる。自身の持つ2分6秒67の世界記録には届かなかったが、渡辺は収穫十分のレースで男子200メートル平泳ぎ初優勝。「記録的には目標は達成できなかったけど、泳ぎ的には満足のいくレースだった」と晴れやかな表情で話した。

    0
    続き

    幻想的な夜桜、ライトアップ最終日を迎える

     桜の名所として知られる千鳥ケ淵(東京都千代田区)は7日夜、桜のライトアップの最終日を迎えた。

     約700㍍の遊歩道にあるソメイヨシノなど約260本の桜は散り始めたが、訪れた大勢の人々は色とりどりのボートに乗るなどして、幻想的な夜桜を楽しんでいた。

    0
    続き

    幻想的な一枚、ネオンの輝きのように

     韓国・ソウル市内にある朝鮮王朝時代の王宮「景福宮」で3日、緑や紫の民族衣装を身にまとい踊る女性たち。素早く舞う様子がネオンライトのように撮影され、幻想的な一枚となった。

     4月27日から5月5日まで開かれる朝鮮王朝に関する文化イベント「宮中文化祝典」を控え、報道陣向けに公開された。

    0
    続き

    「令和」のゆかりの地、観光客でにぎわう

     新元号「令和」の発表から初の週末を迎えた6日、出典となった日本最古の和歌集「万葉集」とゆかりの深い各地には多くの観光客が訪れ、「趣がある」「感慨深い」と新元号の由来に思いをはせた。

     出典となった「梅花の歌」の序文で舞台となった歌人、大伴旅人の邸宅の所在地として一躍注目を集めている福岡県太宰府市の坂本八幡宮。この日も県内外から大勢の観光客が詰め掛け、参拝のために列を作った。

    0
    続き

    新天皇即位礼の「萬歳」旗、安倍首相が揮毫

     皇太子殿下の新天皇即位を内外に示す「即位礼正殿の儀」をめぐり、装飾に用いる「萬歳旛(ばんざいばん)」と呼ばれる旗の刺しゅうの元となる文字「萬歳」(万歳)を安倍晋三首相が揮毫(きごう)する方向で調整していることが分かった。

     平成改元時の前例を踏まえた対応。首相が国民を代表して新天皇即位への祝意を表明する狙いがある。政府関係者が6日、明らかにした。

    1
    続き

    高梨沙羅選手、ランドセルをアフガンの子供に

     ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅選手が6日、使わなくなったランドセルをアフガニスタンの子供たちへ贈る社会貢献活動「ランドセルは海を越えて」に参加した。

    0
    続き

    従業員は現役受刑者、カフェで社会復帰目指す

     タイ中部の古都アユタヤで、刑務所を改修したカフェが人気を集めている。コーヒーを入れるのも注文を取るのも現役の受刑者。社会復帰を目指し、生き生きと店内を動き回っている。

    0
    続き

    丸のみ? 迫力を放つキングコング像

     田園風景が広がるタイ北部チェンマイ県で3日、キングコング像と記念撮影する生徒。

     本物であれば丸のみされてしまいそうな迫力を放つ像はわらで作られており、観光客の撮影スポットになっている。

    0
    続き

    小惑星への衝突実験は「ベストオブベスト」

     小惑星に金属の塊を撃ち込む世界初の実験に挑んだ探査機「はやぶさ2」。難易度の高いミッションを見事に成し遂げただけでなく、その様子の撮影にも成功した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の運用チームは、「ベスト・オブ・ベストの結果だ」と喜びの声を上げた。

    2
    続き

    天皇陛下、ハゼの論文を「魚類学雑誌」で発表

     宮内庁は5日、天皇陛下が中坊徹次京都大名誉教授らと執筆されたハゼの論文が同日、日本魚類学会が発行する「魚類学雑誌」のオンライン版で公開されたと発表した。陛下は皇太子時代からハゼの分類の研究を続けており、今回が在位中最後の論文発表になるとみられる。陛下のハゼに関する論文は33本目。

    0
    続き

    瀬戸大也選手、男子200バタフライで優勝

     爽やかな笑みで喜びながら、収穫と課題を的確に分析する。「優勝自体はうれしいけど、前半はびびってしまった。後半を59秒台で泳げたのはよかった」。男子200メートルバタフライを3年ぶりに制した瀬戸は、先を見据えていた。

     狙った自己ベストは出せなかったものの、日本水連が世界選手権のメダル獲得を狙えるレベルで設定した記録を突破した。代表選考会の難しい雰囲気を感じながらも、しっかりと実力は示した。

    0
    続き

    西武鉄道、飯能駅を地元木材で北欧風に改装

     西武鉄道は、フィンランドの童話ムーミンの世界を体感できるテーマパーク「ムーミンバレーパーク」(埼玉県飯能市)の最寄り駅である池袋線飯能駅を北欧風デザインに改装した。地元の木材などを使用し、季節の移り変わりを表現した。

     駅の1、2番ホームは春、3、4番ホームは夏をテーマに、樹木などに見立てた木製のベンチを設置。冬をテーマにした特急用のホームは、粉雪を表現する照明がついている。

    0
    続き

    イースターに新キャラ、6月までショーに登場

     オリエンタルランドは、東京ディズニーシー(千葉県浦安市)で、キリスト教の祭日であるイースター(復活祭)にちなんだイベント「ディズニー・イースター」が4日から始まった。ウサギの耳が付いたひよこの限定キャラクター「うさピヨ」が初めて登場。ミッキーマウスらとともに踊るショーで盛り上げる。1日3回公演で、6月2日まで実施される。

    0
    続き

    歌舞伎とオペラを融合した世界初の舞台を

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、東京都港区内で文化オリンピアードとして開催する「東京2020 NIPPON フェスティバル」の制作記者会見を行った。同イベントは東京大会の公式文化プログラムとして、20年4月から9月にかけて実施される。国や自治体、文化団体などと連携し、日本の誇る文化を国内外に発信し、大会への機運を盛り上げるのが狙い。

    0
    続き

    NZのアーダーン首相、買い物代を肩代わり

     ニュージーランド(NZ)のスーパーのレジで財布を忘れたことに気付いた子連れの女性を見掛けたアーダーン首相が、女性の買い物代を肩代わりしていたことが4日明らかになった。3月に起きた銃乱射テロ事件への機敏な対応で首相の手腕を評価する声が高まっているが、日常生活でも機転の利く様子を見せた。

    0
    続き

    見事な筆遣い、オタリアが「令和」を揮毫

     新元号の発表記念として、横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市)の水族館「ふれあいラグーン」で、アシカの仲間・オタリアによる新元号の揮毫(きごう)パフォーマンスが行われている。1日2回(11時半と16時)のイベントで、書き上げた「令和」の字は会場の希望者にプレゼントされる。

    0
    続き

    1000本のソメイヨシノと菜の花畑、春色の共演

     桜の名所として知られる埼玉県幸手市の権現堂堤で、約1000本のソメイヨシノが七分咲きとなり見頃を迎えた。全長約1キロに渡る桜並木の手前には菜の花畑が広がり、春色の共演が訪れた人たちの目を楽しませている。

     今年は開花後に冷え込みがあったため、例年より花の持ちが良いという。今週末にかけて満開の桜が楽しめそう。

    0
    続き

    20年かけ改良した新品種シャクヤクに「令和」

     約6万株のシャクヤクなどが花を咲かせる日本一のボタン庭園「つくば牡丹園」(茨城県つくば市)が、新元号にあやかり、独自に開発したシャクヤクの新品種に「令和」と名付けることを決めた。5月ごろから見頃を迎える予定で、「多くの人に観賞してもらうきっかけになれば」と期待している。

    1
    続き

    新元号「令和」の舞台はどこ?

     新元号「令和」の出典となった日本最古の和歌集「万葉集」にある梅花の歌の序文の舞台は、現在の福岡県太宰府市にあった歌人大伴旅人の邸宅だったとされる。ただ、市文化財課などによると、市内のどこに邸宅があったかは諸説ある。専門家は、ゆかりの地として訪問客が殺到する「坂本八幡宮」の他にも、複数の候補地があると指摘する。

    0
    続き

    顔認証で通関楽々、財務省が電子申告ゲート導入

     財務省は3日、酒やたばこといった携帯品の通関での申告について、顔認証技術を活用した電子端末とゲートを成田空港で報道陣に公開した。15日から同空港で運用。通関手続きの効率化で、増加する訪日外国人旅行者(インバウンド)らによる混雑を緩和するのが狙いだ。

    0
    続き

    ベテラン教師フランソワと子供たちの成長物語

     フランスは移民問題で揺れているが、これと関連して社会問題となっているのが、移民の子供たちの学力低下と教育の不平等だ。

     フォトジャーナリストの経験を持つオリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル監督は、この映画の製作に先立って2年間、中学校に登校し、500人の生徒や40人の教師と学校生活を送ったという。問題児の処分を決定する学校評議会や職員会議などにも参加。そこからこの作品が生まれた。

    0
    続き

    東京・目黒川沿いの「桜のトンネル」

     2日、東京都内を流れる目黒川沿いの桜が満開を迎え、大勢の行楽客の目を楽しませている。

     訪れた人たちは、約800本の桜並木をカメラに収めたりして楽しんでいた。夜は10日までライトアップが行われる。

    0
    続き