■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    開店から130周年、「赤い風車」で記念のショー

     6日、パリの老舗キャバレー「ムーラン・ルージュ」が開店から130周年を迎え、記念のショーがお披露目された。

     店名ともなった名物の赤い風車の前で、色とりどりのドレスを着たダンサーが踊り、多くの観客を楽しませた。

    2
    続き

    太陽系外惑星の発見と宇宙初期の進化過程解明

     スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞を、太陽系外の惑星を初めて発見したスイス・ジュネーブ大のミシェル・マイヨール名誉教授(77)とディディエ・ケロー教授(53)、宇宙初期の進化過程を理論的に解明した米プリンストン大のジェームズ・ピーブルズ名誉教授(84)に授与すると発表した。

    3
    続き

    藤原定家が校訂、源氏物語5冊目「青表紙本」

     三河吉田藩主大河内家に伝えられてきた写本が、鎌倉時代の歌人、藤原定家(1162~1241年)が校訂した源氏物語の「青表紙本」と呼ばれる1冊だったことが8日、公益財団法人冷泉家時雨亭文庫(京都市)の調査で分かった。

     源氏物語は全体で54冊あり、青表紙本は4冊が見つかっている。今回確認されたのは5冊目の「若紫(わかむらさき)」で、光源氏が後の妻となる紫の上と出会う様子など重要な場面が描かれている。

    2
    続き

    19歳の芝野虎丸八段、初のタイトルを奪取

     囲碁の張栩名人(39)に芝野虎丸八段(19)が挑戦する第44期名人戦7番勝負第5局が7日から静岡県熱海市で打たれ、8日、白番の芝野が252手で中押し勝ちし、4勝1敗で初のタイトルを奪取した。

     10代の名人は史上初。19歳11カ月での7大タイトル獲得は、井山裕太4冠(30)が同じ名人戦で達成した20歳4カ月の最年少記録を10年ぶりに更新した。

    2
    続き

    ラグビーW杯で日本代表、タックルが向上

     ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で優勝候補のアイルランドを倒し、開幕3連勝とした日本代表。躍進の一因には、タックルの量と質の高さが挙げられる。

    2
    続き

    英芸術家バンクシーの絵画「英議会」が競売に

     正体不明の英芸術家バンクシーによる、英議会をモチーフに政治家をチンパンジーに見立てた絵画作品が3日、ロンドンで競売に出され、競売商サザビーズによると、予想落札価格の5倍に当たる約990万ポンド(約13億円)で競り落とされた。過去に競売に出されたバンクシー作品の中で最高値という。

    2
    続き

    リオのカーニバルに赤信号

     ブラジル・リオデジャネイロ市のクリベラ市長は先月、市の財政難を理由に来年からサンバチームやサンバ会場に対する補助金を打ち切り民営化することを決定した。リオのカーニバルの開催には、サンバチームごとに多額の費用が掛かることから、来年2月に予定されているカーニバルの開催が危ぶまれている。

    3
    続き

    即位パレードのオープンカーを皇居内で公開

     宮内庁は7日、天皇陛下の即位を祝う22日のパレード「祝賀御列の儀」で天皇、皇后両陛下が乗られるオープンカーを皇居内で報道陣に公開した。予算に8000万円を計上し、トヨタのセンチュリーを改造。9月に内閣府に納車された。当日は午後3時半から、皇居から赤坂御所までの約4・6キロを約30分間かけてパレードする。

    1
    続き

    福島県内の各地で1日限りの「青空レストラン」

     畑の真ん中で、地元食材を使ったコース料理を振る舞う-。そんな1日限りの「青空レストラン」が福島県内の各地で開かれ、人気を集めている。東京電力福島第1原発事故による県産農産物への風評被害が残る中、「福島の食の魅力」を発信している。

    2
    続き

    ノーベル医学生理学賞を米英3氏が授与

     スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル医学生理学賞を、細胞が酸素欠乏に対応する「低酸素応答」のメカニズムを解明した米ジョンズ・ホプキンス大のグレッグ・セメンザ教授ら米英3氏に授与すると発表した。

     他の2人は英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ博士、米ハーバード大のウィリアム・ケリン教授。

    2
    続き

    エチオピアの王冠帰還、21年ぶりにオランダから

     18世紀のエチオピアの貴重な王冠がオランダで見つかり、母国に帰還することになった。オランダに逃れた元難民がロッテルダムのアパートの自室で21年間、極秘で保管してきたという。AFP通信などが報じた。

     エチオピアの王朝の歴史は紀元前にまでさかのぼるが、1974年にエチオピア帝国の「最後の皇帝」ハイレ・セラシエ1世がクーデターで廃位され、社会主義政権が樹立された。

    2
    続き

    不思議! 坂でも転げ落ちない巨大な岩

     3日、インド南部マハーバリプラムで、巨大な岩を見物する人々。

     斜面にあるのに転げ落ちない不思議な岩は「クリシュナのバターボール」と呼ばれ、世界遺産の建造物群を有するこの都市の名所となっている。

    3
    続き

    「即位の礼」前に祝賀パレードのリハーサル

     天皇陛下の「即位の礼」で行われる「祝賀御列の儀」のリハーサルが6日朝、皇居から赤坂御所まで実際のコースを使って行われた。

     リハーサルは、内閣府、宮内庁、皇宮警察本部、警視庁、防衛省が合同で実施。午前7時に皇居を出発し、国会議事堂前などを経由して約30分後に赤坂御所に入った。車やサイドカーなど約50台で編成した車列は、約400メートルに及んだ。

    2
    続き

    攻めた信頼のバトンパス、アジア新記録で銅

     悲願達成へ日本が勝負に出た。男子400メートルリレー決勝。第1走者を、予選で本調子ではなかった小池から多田に変更した。この布陣も想定して入念に準備してきた成果を発揮し、華麗なバトンパスを見せた。

    2
    続き

    ピークは1996年、ポケベル半世紀の歴史に幕

     東京テレメッセージ(東京)が国内で唯一提供していたポケットベル(ポケベル)のサービスが先月30日に終了した。ポケベルはピークの1996年に契約数が1000万件を超えたが、携帯電話の普及に伴い利用者が減少し、半世紀の歴史に幕を下ろすことになった。

    2
    続き

    真剣なまなざし、人間のサーファー顔負け?

     9月28日、米カリフォルニア州のビーチで行われた犬のサーフィン大会のひとこま。

     前を見詰める真剣なまなざしと、重心を低くして巧みにボードを操るバランス感覚は人間のサーファー顔負けだ。(AFP時事)

    2
    続き

    初心の「赤」で圧巻、畑岡奈紗が3度目の優勝

     最終18番。6メートルのバーディーパットがカップに吸い込まれると、畑岡は力強く右手でガッツポーズ。「やっと終わった」。緊張から解放され、白い歯がこぼれた。

    2
    続き

    日本が狙い通りの4トライ、終盤に底力発揮

     アイルランド戦の大金星から中6日。周囲の盛り上がりに流されず、日本はサモア戦を迎えるまで浮かれた様子は一切なかった。選手たちが「ゼロからのスタート」と口をそろえて臨んだ試合。前半は少し乗り切れなかった。

     動きがやや鈍い。それでも、2分、7分と田村が立て続けにPGを決めた。ハイパントからのボール再確保がはまったが、その後は密集戦での相手の肉体的な強さに苦しんだ。

    4
    続き

    ダライ・ラマ14世の後継選びでチベット人会議

     世界24カ国・地域の亡命チベット人の代表ら約340人を集めた特別会議が5日までの3日間、亡命政府のあるインド北部ダラムサラで開かれた。会議は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(84)の後継選びへの中国政府の関与を拒絶し、伝統的な「輪廻(りんね)転生制度」で後継を選ぶ権限をダライ・ラマのみに認めることなどを決議した。

    2
    続き

    コンゴの医師ムクウェゲ氏「深い痛みを感じた」

     昨年のノーベル平和賞受賞者で、来日中のコンゴ(旧ザイール)の医師デニ・ムクウェゲ氏(64)が5日、広島市の平和記念資料館を訪問した。「人間が持つ可能性に恐怖を覚え、深い痛みを感じた」と話し、「なぜ核兵器を造ることができるのかと恥ずかしさも感じた」と訴えた。

    2
    続き

    勇壮な姿を間近に、熊本城の特別公開が始まる

     2016年4月の熊本地震で被災し、立ち入り規制が続いていた熊本城(熊本市)の特別公開が5日、始まった。被災後初の一般向け公開。天守閣のうち大天守は外観が修復されており、訪れた市民は勇壮な姿を眺め、喜びの声を上げた。

    2
    続き

    世界初、ダイヤの中にダイヤが入った原石を発見

     ロシアのダイヤモンド採掘会社「アルロサ」は4日、ダイヤの中の空洞に別の小さなダイヤが入った原石を世界で初めて発見したと発表した。ロシア極東サハ共和国で見つかったという。

     原石は全体が0・62カラットで、空洞の中のダイヤは0・02カラット。アルロサはその構造から「(ロシアの代表的人形)マトリョーシカをほうふつとさせる」と表現した。

    2
    続き

    色鮮やかな秋バラ、旧古河庭園でバラフェス

     東京都北区の旧古河庭園で5日、「秋のバラフェスティバル」が始まった。園内には約100種200株の色とりどりのバラが咲きそろい、見頃を迎えている。期間中、大正時代に建てられた洋館と秋バラをバックに、音楽会などの催し物が開かれる。来園者らはこの日、色鮮やかな秋バラの多様な色や形に秋の気配を満喫していた。

    2
    続き