«
»

フォト rss

グラスを片手に乾杯、ちゃんと距離取ってます

 米東部メリーランド州オーシャンシティの飲食店で5月29日、ゴム製の円形チューブの中に入ったまま、グラスを片手に乾杯する女性たち。

 このチューブ、新型コロナウイルス感染防止に重要なソーシャルディスタンス(他者との距離)を常に維持できるよう考案されたもの。

 メリーランド州ではこの日からレストランやバーで屋外の飲食が解禁された。

3
続き

大学や教員が困窮学生に米や野菜など食料支援

 新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入を失い困窮する学生に対し、大学や教員有志らが食料品を無償で配る動きが広がっている。首都圏では緊急事態宣言解除後も希望者が殺到。支援する側は「アルバイト先が営業再開しても収入はすぐに入らない。今が苦しいタイミングだ」と指摘する。

3
続き

メキシコで国際調査団、最古最大の祭祀施設発見

 メキシコ南東部にあるマヤ文明の「アグアダ・フェニックス遺跡」で、紀元前1000年から同800年にかけて造られた巨大な土造りの祭祀(さいし)施設を発見したと、米アリゾナ大の猪俣健教授や茨城大の青山和夫教授らの国際調査団が発表した。マヤ文明で最古、最大の公共建築物だという。論文は3日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。

4
続き

6600万年前の巨大隕石、衝突角度は60度程度か

 メキシコ・ユカタン半島沿岸に約6600万年前(白亜紀末)に衝突した巨大隕石(いんせき)は、地面に対して60度か45度ぐらいの角度で衝突した可能性が高いと、英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンなどの国際研究チームが28日までに発表した。シミュレーションの結果、地面に対して30度の浅い角度や90度の垂直で衝突するより、大気中に放出されるガスやちりが多くなったという。

3
続き

「前向きに進むこと」、カズが横浜Cで練習再開

 J1横浜Cに所属するサッカー元日本代表FW三浦知良が3日、横浜市内で再開されたチームの練習に参加後、オンライン取材に応じた。この日は約1時間のフィジカルテストに取り組んだ。「まず第一歩を踏み出せたかなと思う。(リーグ)再開の時には、ベストな状態に持っていけるように努力したい」。開幕直後に新型コロナウイルスで中断された53歳で臨むシーズンへ、思いを新たにした。

3
続き

博多湾を彩るオレンジと黄色のじゅうたん

 博多湾に浮かぶ能古島(福岡市西区)の「のこのしまアイランドパーク」で約5万株のマリーゴールドが見頃を迎えている。

 梅雨前の青空の下、来園者は1万平方メートルに広がるオレンジと黄色のじゅうたんの散策を楽しんだ。

4
続き

警戒を呼び掛ける「東京アラート」を初発動

 東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに34人確認されたと発表した。都は同日夜、対策本部会議を開き、感染再拡大の兆候が表れた際に警戒を呼び掛ける「東京アラート」を初めて発動。接待を伴う飲食店の従業員や客の感染が相次いでいる状況を踏まえ、小池百合子知事は「特に夜の繁華街などリスクの高い場所は十分注意していただきたい」と述べた。

6
続き

主要企業、オンラインで採用面接をスタート

 2021年春に卒業を予定する学生らを対象とした採用面接が1日、主要企業でスタートした。今年の就職活動は新型コロナウイルス流行で様子が一変し、多くの企業が面接などをオンライン方式に変更。移動や費用の負担を軽減したい地方就活生に人気で、コロナ収束後も定着する可能性がある。ただ、ウェブだけでは人物評価が難しいとして、コロナ禍前のインターンシップ(就業体験)で接触した学生を囲い込む動きもある。

3
続き

タカラバイオと島津、PCR検査キット量産へ

 新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、厚生労働省は2日、唾液を検体として使う方法を認めた。鼻の粘液を採取する従来の方法より簡便なため、検査数の増加が期待される。タカラバイオと島津製作所は自社の検査キットが唾液でも鼻の粘液を採取したのと同レベルの検査精度が得られると確認。今後の需要増に対応するため量産体制に入る。

3
続き

インドとパキスタンで、バッタが大量に発生

 人口が計16億人近いインドとパキスタンで、農作物を食い荒らすサバクトビバッタが例年になく大量発生し、食糧危機の恐れがあると懸念されている。特に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で失職した出稼ぎ労働者や、食糧の入手が困難になっている貧困層に追い打ちをかける可能性がある。

4
続き

頑張れ沖縄! コロナ感染者ゼロが続く

 沖縄県は5月31日現在、31日間連続でコロナウイルス感染者が出ていない。コロナ対策で戦う県民や医療従事者に対する激励のメッセージが県内各地で掲示されている。

 那覇市国際通りのホテルコレクティブには「頑張れ沖縄県民」を意味する「チバリヨーうちなーんちゅ」という言葉が、新規感染者ゼロの日数とともに掲示されている。

3
続き

「虎ノ門ヒルズ」新駅舎が完成、報道陣に公開

 東京メトロ日比谷線の新駅として6日に開業する「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)の駅舎が完成し、報道陣に2日公開された。日比谷線では1964年の全線開業以来56年ぶりの新駅。周辺では高層オフィスビルなどの再開発が進み、将来的に1日当たり約8万人の利用客を見込んでいる。

 新駅は霞ケ関-神谷町間に設置。1月に完成した高層ビル「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」や隣の森タワーへも直通で移動できる。

3
続き

皇居・東御苑の一般公開が約2カ月ぶりに再開

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、皇居・東御苑の一般公開が2日、約2カ月ぶりに再開した。

 東御苑の入り口となる大手門には開園時間の午前9時ごろからマスク姿の人たちが次々と訪れ、アルコール消毒をしてから中へ。ちょうど見頃を迎えたハナショウブなどを楽しんだ。

3
続き

巣ごもりを応援、横浜Mがガンダムとコラボ

 Jリーグは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、家で過ごす時間が長くなったサッカーファンに向けて、公式オンラインショップで「#おうちでJリーグ特集」と称した企画に取り組んでいる。

3
続き

藤井聡太七段、最年少記録まであと1勝

 将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦の決勝トーナメント準決勝が2日、東京都内で指され、先手の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が佐藤天彦九段(32)に111手で勝った。4日の挑戦者決定戦にも勝ち、8日に予定されている5番勝負第1局に臨めば、自身初の8大タイトル挑戦で、最年少挑戦記録を31年ぶりに更新する。

 4日の挑戦者決定戦では、準決勝のもう1局に勝利した永瀬拓矢2冠(27)叡王、王座と対戦する。

3
続き

CFで呼び掛け、医療従事者に花束を届けたい

 結婚式の延期やキャンセルなどで行き場を失った花を医療従事者らに届けたい-。フラワーショップ「ローランズ」(東京都渋谷区)では、4月上旬にクラウドファンディングで呼び掛けたところ、予想を上回る資金が集まった。

 医療従事者だけでなく、配送業者や学童保育の先生らにも贈ってほしいという要望も多かったという。すでに予定の半数以上は発送済み。

3
続き

久しぶりの再会、都立小中学校で授業を再開

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されたことを受け、長期間の休校を余儀なくされていた東京都心の小中学校では1日、授業が本格的に再開された。大阪では2カ月遅れで入学式が行われた高校も。久しぶりの友達との再会に、児童らは声を弾ませた。

3
続き

キャンプ用簡易設営のドームハウスを病院に

 キャンプ場などで使われる簡易設営のドームハウスが、医療用として脚光を浴びている。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、臨時診察室などに活用する病院が相次いでいるためだ。

 自動車用品メーカー、TCL(名古屋市)が昨年11月に売り出した「イージードームハウス」。広さは4畳半ほどで、高さは最大2・6メートルある。プラスチック製で洗浄消毒でき、分解して保管することも可能だ。

3
続き

3カ月ぶり、USJが8日から一部営業を再開

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は1日、来場者の対象地域を絞り、8日から約3カ月ぶりに営業を再開すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月末から臨時休業を続けていた。14日までは大阪府在住で年間パスポートの所有者を対象に登録制で来場を受け付け、その後段階的に拡大する。

3
続き

コアラとの再会、動物園に子供の笑顔が戻る

 オーストラリア最大都市シドニーで新型コロナウイルス感染防止のために休業となっていたタロンガ動物園が1日、約2カ月ぶりに再開した。コアラなど目当ての動物を見学しようと、開園直後から家族連れでにぎわい、園内は子供や赤ちゃんらの笑顔であふれた。

3
続き

待ちくたびれた? 動物園もようやく再開

 デンマーク北部オールボーの動物園で寝るシロクマの子供たち。

 デンマークでは新型コロナウイルス感染拡大に伴う制限が緩和され、動物園もようやく再開した。

3
続き

JR東、埼京線渋谷駅の新ホームの供用を開始

 JR東日本は1日、埼京線渋谷駅の新ホームの供用を始めた。従来の位置より北側に約350メートル移設することで山手線ホームと横並びとなり、乗り換えが容易になった。ハチ公改札や南改札とも直結し、利便性が高まる見込み。

3
続き

都内には笑顔の映画ファンやランチ楽しむ人も

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の全面解除から1週間を迎えた1日、東京都内では席の間隔を空けるなど「新しい生活様式」を取り入れた図書館や映画館が営業を再開。オフィス街では久しぶりに出社した人がランチタイムを楽しんだ。長い自粛生活を経て、「新たな日常」が少しずつ動きだした。

3
続き