■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    あっ事故か!? 鉄道事故のシミュレーション

     危ない!鉄道と乗用車の衝突か?と思いきや、実はこれ、ポーランドの首都ワルシャワで14日に行われた鉄道事故のシミュレーション。

     安全な交通に関する意識を高めようとする試みだという。

    0
    続き

    優雅な小瓶がずらり、なんとも優美な薬局

     フランス中部ロワール渓谷にたたずむシュノンソー城に、16世紀の王妃カトリーヌ・ド・メディシスの調剤薬局が再現された。

     優雅な小瓶やポットなど500点以上がずらりと並び、まるで美術館のよう。15日から一般公開される。

    0
    続き

    ラグビーW杯のチケットデザインが発表される

     9月20日に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会のチケットデザインが17日に発表され、和紙をイメージした柄の表面に、日本古来の武者絵のタッチでラグビー選手がプレーしているイラストが描かれた。

     「伝統と革新」をコンセプトとし、青、赤、紫の3種類がある。東京都内での発表会に出席した元日本代表主将の菊谷崇氏は「日本らしい和の絵。アジア最初のW杯にふさわしい」と述べた。

    0
    続き

    間伐材を使用、木のストローの普及で脱プラ

     国際的な問題となっているプラスチックごみの排出削減策の一環として、国内の企業が間伐材を使用した木のストローを開発した。5月に新潟市で開かれた20カ国・地域(G20)農業相会合のレセプションで採用され、林野庁も行政のイベントなどで普及活動に乗り出した。環境対策に加え、林業の活性化にもつながると期待されている。

    0
    続き

    「高校生サミット」、9月に札幌で開催決まる

     11月5日の「世界津波の日」を前に、国内外の高校生が地震や津波について学ぶ「高校生サミット」が9月10、11日に札幌市で開かれることが決まり、鈴木直道北海道知事や参加する生徒らが17日、東京都内で記者会見した。鈴木氏は昨年9月の北海道地震を踏まえ「世界の次世代の方々の議論に期待している」と述べた。

    0
    続き

    東京五輪聖火リレーのランナー公募が始まる

     2020年東京五輪聖火リレーのランナー公募が17日、始まった。五輪聖火リレースポンサー4社のうち日本コカ・コーラが同日から開始。他の3社と各都道府県実行委員会による公募も順次始まり、応募期間はいずれも8月31日まで。

     日本コカ・コーラは17日、聖火ランナーをデジタルで疑似体験できる開始イベントを東京都内で開いた。対象製品を購入し、同社のスマートフォンアプリでポイントをためると応募できる。

    0
    続き

    出場6カ国の食文化で、ラグビーW杯をPR

     埼玉県熊谷市で最大の食イベント「熊谷うまいもんカップ」の会場に、秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会をPRするコーナーが登場し、熊谷ラグビー場の試合に出場する6カ国の食文化が紹介された。

     ラグビーボール型のハンバーガーには、ローストポークとチミチュリソース(アルゼンチン)、ハンバーグ(米国)、ローストビーフとモッツァレラチーズ(ウルグアイ)などをはさんだ。

    0
    続き

    「拉致問題に全力尽くす」と解決への意気込み

     北朝鮮による拉致被害者有本恵子さん失踪当時(23)の父明弘さん(90)神戸市長田区に、トランプ米大統領から手紙が届いていたことが16日、分かった。明弘さんは5月にトランプ氏が来日した際、面会に先立ち、手紙を送っており、今回は返事が届いた形となる。

    0
    続き

    「アイガモロボット」スイスイと田んぼで活躍

     水田の雑草を減らす「アイガモロボット」がお目見えし、山形県朝日町の棚田で活躍している。水面を自動でスイスイと動き回りながら、二つのスクリューが泥を巻き上げて水を濁らせ、雑草の光合成を抑制する仕組み。減農薬に効果があるアイガモ農法をヒントに、日産自動車の技術者がボランティアで開発した。

    0
    続き

    気持ちよさそう、クジラがアーンして歯磨き

     和歌山県太地町の「太地町立くじらの博物館」で、クジラの歯磨きの様子が一般公開された。人間の「歯と口の健康週間」にちなんだイベントで、飼育員に促されて大きく口を開けたクジラが、歯を磨いてもらい気持ちよさそうにしていた。

     博物館は、来館した子供らに歯磨きの大切さを学んでもらおうと、鯨類の歯磨きイベントを毎年行っている。今年は黒いオキゴンドウと灰色のハナゴンドウの2種類のクジラが挑戦した。

    0
    続き

    涼感楽しむ「つりしのぶ」の出荷が最盛期

     兵庫県宝塚市のつりしのぶ園で、「つりしのぶ」の出荷が最盛期を迎えている。

     つりしのぶは、団子状の土台にシノブグサを植えたもので軒先などに飾って涼感と風情を楽しむもの。手入れすると、10年から20年ほど楽しめるという。

     同園では毎年約1万個を出荷する。

    0
    続き

    「忍者になりたい」外国人が7割を占める

     忍者に扮(ふん)して愛知県の観光PRに取り組むグループのメンバーに、海外からの応募が相次いでいる。今年は新メンバー1人を募集したところ20人の応募があり、うち15人が外国人だった。訪日客が増える中、忍者の根強い人気を示している。

     グループは2015年に発足した「徳川家康と服部半蔵忍者隊」。名古屋城を中心に活動し、週末などは忍者ショーを開催して、愛知の魅力をアピールしている。

    0
    続き

    長さ2000m、「海の森水上競技場」をお披露目

     東京都は15日、2020年東京五輪・パラリンピックでボートとカヌー・スプリントの会場となる東京臨海部の海の森水上競技場を報道陣に公開した。

     海の森は、長さ約2000メートル、幅約200メートルで国際基準を満たす競技場。16年7月に着工し、今年5月31日に完成。客席は約2000席で、大会時は最大1万6000人収容できる。風が強く波が立ちやすい立地のため、消波装置や防風林を設けた。

    0
    続き

    多言語翻訳ツール、自治体・学校で普及進む

     多言語コミュニケーションを支援する翻訳ツールが普及し始めている。4月に改正出入国管理法が施行され、外国人労働者の増加が見込まれる中、導入を決める自治体が増加。行政手続きなど各種申請がスムーズになるだけでなく、「申請者の母国語で会話でき、(地域として)寄り添う姿勢を見せられる」(東京都墨田区)と評判は上々だ。

    0
    続き

    体中泥だらけ、悪天候は「神様のプレゼント」

     世界柔道選手権(8月25日開幕、東京・日本武道館)の男子日本代表が15日、千葉県船橋市の陸上自衛隊習志野駐屯地で空挺(くうてい)教育隊の訓練を体験した。パラシュートで飛び出すことを想定し、高さ約11メートルからバンドを装着して降下。ぬかるむ地面をほふく前進するなどの障害走にも取り組んだ。

    0
    続き

    ようこそ! 最新鋭エアバス「A350」機が到着

     日本航空が国内初導入した欧州航空大手エアバス社製の最新鋭機「A350」が14日朝、羽田空港(東京都大田区)に到着した。9月から羽田-福岡路線で運航を開始する。

     羽田に到着したのはA350-900型機。仏トゥールーズを現地時間の13日に出発していた。座席数は計369席で、日航は18機を導入。より座席数の多いA350-1000型機も13機調達する。

    0
    続き

    快挙、エンゼルスの大谷翔平がサイクル安打

     安打製造機として鳴らしたイチローですらできなかった快挙。大リーグで日本選手が記録していなかったサイクル安打を、メジャー2年目の大谷が成し遂げた。

    1
    続き

    ニュースパークが来場者数100万人を達成

     日本新聞協会が運営するニュースパーク(日本新聞博物館、横浜市)が14日午前、入館者100万人を達成し、館内で記念式典が行われた。100万人目は相模原市立九沢小学校4年の生徒らで、認定証と記念品のキャラクター入り文具が尾高泉館長から同校に贈られた。

     児童を代表して記念品を受け取った内田羽音さん(9)は「新聞がこんなにあるんだと知った。博物館でプロ野球のことをいっぱい見たい」と話した。

    0
    続き

    勝ち点4、戻った積極性、なでしこが初勝利

     違うチームを見ているようだった。なでしこはアルゼンチン戦とは打って変わって、立ち上がりから果敢にゴールへ迫る。前半23分、遠藤のペナルティーエリア左からのパスを受け、3度目のW杯で初スタメンの岩渕が先制ゴール。無得点に終わった初戦の鬱憤(うっぷん)を見事に晴らした。

    0
    続き

    ビンファスト社、初の「国産ブランド車」製造

     ベトナムの複合企業大手ビングループ傘下の自動車会社ビンファストは14日、同国北部ハイフォンに建設した自動車工場の開所式を行った。初の国産ブランド車を製造し、乗用車やスポーツ用多目的車(SUV)など12モデルを来年末までに市場投入する。

     当初の年産能力は25万台で、将来50万台に増やす。輸出も進める方針。工場と事務部門を合わせた従業員は約4000人。

    0
    続き

    海外EMBA学生、超高齢社会対策を日本に学ぶ

     先進国の中でも最も早く超高齢社会に突入した日本の現状と対策を学ぶため、欧米やアジアの有力大学院の上級管理職向け経営学修士(EMBA)課程に所属する学生23人が訪日した。14日までの5日間の研修期間中、関連企業を訪問するなどし、高齢者が自分らしく老後を過ごすための方策について考えた。

    0
    続き

    音色で夏を涼しく、江戸風鈴の制作がピーク

     東京都江戸川区の「篠原風鈴本舗」では、涼しげな音色の江戸風鈴の制作がピークを迎えている。

     今年から、女子美術大学の学生と共同でロシアの木製人形、マトリョーシカをデザインした風鈴も作製。

     取締役の篠原恵美さんは「音と色で楽しんでいただけたら」。同所では、6月末まで風鈴の制作体験も受け付けている。

    0
    続き

    厚労省、議員説明は「テレビ電話」で

     厚生労働省は13日、職員による国会議員への法案や施策などの説明(通称・議員レク)をインターネットのテレビ電話を使って行うデモンストレーションを実施した。

     働き方改革の一環で、地下鉄で1駅離れている厚労省と議員会館や国会を往復する時間と手間を省くのが狙い。

    0
    続き