■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    武漢からチャーター機第5便が羽田空港に到着

     新型コロナウイルスの感染が拡大する中国湖北省武漢市から、退避した日本人らを乗せた日本政府のチャーター機第5便が17日午前、羽田空港に到着した。中国籍の家族を含む計65人が搭乗。うち7人がせきなどの症状を訴え入院した。その他の人は検査後、症状がなければ経過観察のため、国が用意した施設で受け入れる。

    1
    続き

    音と振動で危険伝えるつえの試作品が完成

     京セラはこのほど、目の不自由な人の歩行を支援するため、無線通信技術を活用し、音と振動で危険を伝える白いつえの試作品が完成したと発表した。3年以内に製品化し、駅のホームから転落する事故を減らしたい考え。

    1
    続き

    豪政府、森林火災被災地の復興を「手伝って」

     オーストラリア政府は17日、大規模森林火災に見舞われた地域の復興に向けて必要な労働力を確保するため、ワーキングホリデー制度を一部変更すると発表した。海外滞在中の外国人に一定の就労を認める同制度を活用。復興を担う人手として、日本など他国の若者に期待したものだ。

    1
    続き

    国内初、シャープが「5G」対応スマホを発表

     シャープは17日、国内メーカーとして初めて高速・大容量の次世代通信規格「5G」に対応したスマートフォン「AQUOS(アクオス)R5G」を発表した。5Gスマホは韓国・中国メーカーが先行しており、高精細で省電力の独自液晶技術「IGZO(イグゾー)」を組み合わせた製品投入で対抗。今春の5G商用サービス開始に合わせ、大手携帯電話各社で順次取り扱いが始まる。

    1
    続き

    「天使の飛行」、鐘楼から舞い降りる天使

     イタリア北部ベネチアの名所サンマルコ広場で16日、鐘楼からロープ伝いに舞い降りる「天使」役の女性。

     「天使の飛行」と称される恒例のイベントで、起源は中世に隆盛を誇ったベネチア共和国の時代にさかのぼるという。

    1
    続き

    夜空を彩る「冬の下呂温泉花火物語」を開催

     岐阜県下呂市の温泉街近くにある下呂大橋下流飛騨川河畔で、1月11日から3月28日までの毎週土曜日、花火が夜空を鮮やかに彩る「冬の下呂温泉花火物語」が開催されている。全12回の予定で、成人式やバレンタイン、おひなさまなど時期に合わせたテーマの花火を楽しめる。

     市観光課によると、花火は1~3月の宿泊数が減少する閑散期を盛り上げようと、民間主体で2009年から始まった。

    1
    続き

    新型肺炎の感染が拡大、影響が各所に広がる

     新型コロナウイルスの感染拡大が国内で深刻化する中、ホテルの朝食バイキングが中止されたり、高校の入学試験でグループディスカッションが取りやめになったりするなど、影響が各所に広がっている。

    1
    続き

    女王一人旅で集大成へ、岡田久美子が6連覇

     女王の強さが際立った。岡田が他を寄せ付けず6連覇。「ほっとした」。念願の東京五輪切符をつかみ、両手でガッツポーズをつくった。

     ライバルは不在でスタート直後から一人旅。「15キロまでは練習みたいな感じ」で淡々と歩を進めた。雨で体が冷えた終盤はペースが落ちたが、勝負を重視した安全なレース運びを貫いた。

    1
    続き

    「東京で金」へ、前田穂南が女子30キロで日本新

     前田のターゲットは「野口みずき」だった。女子マラソン界の偉大な先輩はアテネ五輪イヤーの2004年2月、同じ青梅路で当時日本最高の1時間39分9秒をマークし、夏の五輪金メダルにつなげた。だから、「1時間39分切りを目標にしていた」。見事に有言実行。しかも野口が05年にベルリンで出した日本記録(30キロ通過地点)までも塗り替え、天満屋の武冨豊監督は「100点満点ですね」とたたえた。

    1
    続き

    赤羽国交相、公共交通にマスクを優先的に供給

     赤羽一嘉国土交通相は16日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、医療機関だけではなくタクシーを含む公共交通機関にもマスクが優先的に供給されるよう政府内で検討していると明らかにした。視察に訪れた東京都足立区のタクシー営業所で記者団の取材に応じた。

    2
    続き

    森林火災の被災地支援コンサートが開かれる

     オーストラリアで半年以上続いた大規模森林火災の被災地を支援するためのコンサートが16日、最大都市シドニーのスタジアムで開かれた。国内外から20組以上のアーティストが集結し、被災者らを励まそうと熱唱した。

    1
    続き

    南半球は夏の盛り、トラックがプール

     南米チリの首都サンティアゴで、トラックに設置された移動式プールで水浴びする子供たち。

     南半球に位置するサンティアゴは夏の盛りで、貧困地域を回る移動式プールは、住民たちが暑さをしのぐのに一役買っている。

    2
    続き

    22年夏からハリー・ポッター舞台版を上演へ

     海外でヒット中の舞台作品「ハリー・ポッターと呪(のろ)いの子」の日本人キャスト版が2022年夏から上演される。TBSが開局70周年を記念し、TBS赤坂ACTシアター(東京都港区)を専用劇場に改修して無期限ロングラン公演を行う。

    1
    続き

    冬の夜を彩る炎の輪、神聖な火で厄をはらう

     秋田県仙北市角館町の伝統行事「火振りかまくら」がこのほど、地域の数十カ所で一斉に行われた。神聖な火で厄をはらい、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈るもので約400年の歴史がある。

     外国人観光客など多くの人が見守る中、縄の先に結ばれた燃えさかる小さな俵が振り回されると、「ゴー」という音とともに炎の輪が浮かび上がり、冬の夜を彩った。

    1
    続き

    クルーズ船で新たに70人の新型肺炎感染を確認

     新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は16日、新たに70人の新型ウイルス感染が確認されたと発表した。同船の乗客乗員の感染者は、検査を受けた延べ1219人のうち計355人になった。同船での重症者は、同日までに日本人11人を含む19人に増えた。

    1
    続き

    対策徹底、全国の高齢者施設で集団感染を警戒

     新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、全国の高齢者施設が集団感染防止の対策に力を入れている。「やり過ぎなくらいに徹底する」。罹患(りかん)した場合は重症化が懸念されるだけに、神経をとがらせる。

    1
    続き

    帰国者受け入れ先ホテルで消毒作業が始まる

     政府チャーター機第1便で中国武漢市から帰国した邦人が滞在した千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」で16日、消毒作業が本格的に始まった。21日まで行われ、ホテルは3月1日から営業再開する予定。

     同ホテルには1月29日に帰国した邦人約170人が2週間程度滞在。消毒には次亜塩素酸ナトリウムやエタノールが使用され、帰国者が立ち入らなかった大浴場を含む全館が対象となる。

    1
    続き

    終盤の粘り、世界新で女子団体追い抜きを連覇

     14日にソルトレークシティーであったスピードスケートの世界距離別選手権女子団体追い抜きで、高木美帆(日体大助手)、高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(ANA)の日本が2分50秒76の世界新記録をマークし、連覇を果たした。

    1
    続き

    環境省、食べ残しの持ち帰り促すアイデアを募集

     環境省などは14日、飲食店から食べ残した料理を持ち帰る取り組みを促すアイデアコンテストを行うと発表した。食べられるのに捨ててしまう「食品ロス」を減らすのが目的。取り組みの親しみやすい名称と容器のデザインを募集し、選ばれた名称などを実際に店で利用するよう働き掛ける。

    1
    続き

    女優の石原さとみさん「気持ちが高揚」

     2020年東京五輪聖火リレーのリハーサルが15日、東京都内で行われ、羽村、国分寺、八王子の3市で合わせて約2・3キロを計22人が走った。車両の準備などのため、羽村市で約15分、八王子市では約10分スタートが遅れた。

    2
    続き

    アルファタウリ・ホンダが今季の新車を発表

     自動車のF1シリーズに参戦しているアルファタウリ・ホンダは14日、今季の新車「AT01」をオーストリアのザルツブルクで発表した。アルファタウリはオーナー会社のレッドブルが展開するファッションブランド。2006年から昨年まで活動してきたトロロッソに代わり、新チーム名に採用された。

    1
    続き

    バクの赤ちゃん「外は生きづらい」

     中米ニカラグア西部マサヤの国立動物園でカメラに視線を向ける、生後間もないバクの赤ちゃん。

     バクはジャガーやピューマなどと共に、ニカラグアで生息環境の悪化に脅かされている。

    2
    続き

    新型肺炎拡大でマスク不足、花粉症患者が悲鳴

     新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中、本格的な花粉症シーズンが迫っている。マスクの品薄状態は当面続く見通しで、鼻の中に装着する「鼻マスク」や、手作りのガーゼマスクなどが話題に。専門家は「代替品を利用し、花粉症を乗り切ってほしい」と話している。

    1
    続き