■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    日本初、JAXAが小型カプセルの回収に成功

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前6時24分、国際宇宙ステーション(ISS)の実験試料を持ち帰る小型カプセルを、無人補給機「こうのとり」7号機から放出した。カプセルは大気圏に再突入し、約40分後に南鳥島沖の太平洋に着水。JAXAが同10時25分、船で回収に成功した。

     これまでISSからの物資回収は米国やロシアに限られており、日本が回収するのは初めて。

    0
    続き

    「シャンシャン」、もうすぐ母離れ

     上野動物園(東京都台東区)は12日、雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」が13日から独り立ちの準備を始めるのを前に、母親のシンシンと一緒に過ごす姿を報道陣に公開した。

    0
    続き

    MLB選抜チームが原爆死没者慰霊碑に献花

     日米野球で来日している米大リーグ(MLB)選抜チームが12日、広島市の平和記念公園を訪れ、ミッチ・ハニガー外野手(マリナーズ)や13日の第4戦(マツダスタジアム)で先発予定の前田健太投手(ドジャース)らが原爆死没者慰霊碑に献花した。

    0
    続き

    小学生が税務署員に、「考える週間」で職業体験

     東京・豊洲の子供向け職業体験テーマパーク「キッザニア東京」に12日、税務署員の仕事を体験できるパビリオンが期間限定でオープンした。11日から始まった「税を考える週間」に合わせたイベント。

     参加した小学生らは消費税の計算方法などを学んだ後、税務署員に扮(ふん)して館内の土産物店などを調査。提出された申告書と店舗に保管された帳簿を確認し、納税額が正しいか確認していた。

    0
    続き

    カエデが色づく「香嵐渓」でライトアップ

     愛知県豊田市の「香嵐渓(こうらんけい)」で、イロハモミジやオオモミジなど11種類のカエデが朱色や黄色などに色づき、見頃を迎えている。

     日没から午後9時までライトアップされ、多くの人が訪れカメラを向けていた。ピークは20日ごろまで。

    0
    続き

    4万年前の野牛の姿か、インドネシア洞窟壁画

     インドネシアのカリマンタン島(ボルネオ島)東部にある洞窟に描かれた野牛の年代について、オーストラリアのグリフィス大などの研究チームが約4万年前と推定したと発表した。論文は8日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。

    0
    続き

    南極観測船「しらせ」が東京・晴海を出港

     第60次南極地域観測隊の物資輸送などを担う観測船「しらせ」(海上自衛隊砕氷艦、宮﨑好司艦長、乗員約180人)が10日午前、東京・晴海を出港した。堤雅基隊長(国立極地研究所教授)ら隊員の大半は26日にオーストラリアで乗船し、12月下旬に南極・昭和基地沖に到着する。しらせは来年4月9日に帰国予定。

    0
    続き

    昆虫食自販機、「チョコバッタ」はいかが?

     チョコでくるんだバッタなど食用に加工した昆虫だけを集めた自動販売機が、熊本市中央区に登場した。宣伝効果を期待したものだが、意外にも売れ行きは好調という。

    0
    続き

    療養中の長嶋茂雄氏が「身体は元気を回復」

     プロ野球巨人OBによる長嶋茂雄少年野球教室が10日、千葉県佐倉市で開催され、巨人元監督の長嶋茂雄氏(82)は病気療養中のため欠席したが、「身体は元気を回復しましたが、入院期間が延びた影響で、現在は少し弱った筋力を鍛えるリハビリに取り組んでいます」などのメッセージを寄せた。

    0
    続き

    来日のキプチョゲ「勝つための準備を」

     9月のベルリン・マラソンで男子の世界新記録となる2時間1分39秒を樹立したエリウド・キプチョゲ(ケニア)が来日し、東京都内で10日、日本のトップ選手や大学生との合同トレーニングで交流を楽しんだ。

    0
    続き

    横田早紀江さん、夫の看病と救出を訴える活動

     横田めぐみさん拉致当時(13)が北朝鮮に拉致されてから15日で41年となる。母の早紀江さん(82)はこの1年、入院している夫滋さん(85)の看病のかたわら、めぐみさんら拉致被害者の救出を訴える活動に奔走してきた。

     「もう無理かなと思うくらい疲れ果てて。私もそろそろ倒れるんじゃないかって」。記録的猛暑が和らいだ9月、早紀江さんはキリスト教の支援者が主催する集会でこぼした。

    1
    続き

    川崎フロンターレが2年連続2度目の制覇

     終了間際に勝ち越され、ひざまずく選手たち。川崎は敵地で敗れ、静かに連覇決定の瞬間を迎えた。中村は「きょうの試合はいくらでもケチをつけられるが、それでも連覇。ほっとしている」と率直に言った。

    0
    続き

    自ら震えた熱演、紀平梨花GPデビューを飾る

     初々しさを感じさせない熱演だった。GPデビューの16歳、紀平はトリプルアクセル(3回転半)を2度決めて一気に観衆を引き込んだ。宮原、トゥクタミシェワを抑え、SP5位から逆転。「自分の中に一生残る」。自らの演技に震えた。

    0
    続き

    百聞は一見にしかず、宮内庁御料牧場で見学会

     栃木県の高根沢町と芳賀町にまたがる宮内庁御料牧場で、一般向けの見学会が10月18、19両日に開かれた。

     抽選で選ばれた約160人の参加者は、牧場の歴史などの説明を受けた後、厩舎(きゅうしゃ)や放牧場、野菜畑を回り、明治後期から大正期に造られた外交団接待用の馬車を見物した。

    0
    続き

    鮮やかな装飾やライトで早くもクリスマス気分

     色鮮やかな装飾やライトが施された巨大クリスマスツリー。

     パリのデパート、ギャラリー・ラファイエットの館内では7日、クリスマスの飾り付けが始まった。

    0
    続き

    今ではどこ吹く風、「豊洲の魚」の人気は上々

     首都圏の新たな台所、東京・豊洲市場(江東区)が開場してから、11日で丸1カ月となる。築地市場(中央区)からの移転が延期された後は一時、土壌汚染問題に伴う風評被害を心配する声が高まったが、今ではどこ吹く風。「豊洲直送」をうたう小売店もあるほどの人気ぶりだ。

    1
    続き

    日本郵便がドローンで荷物の試験配送を始める

     日本郵便は7日、ドローン(小型無人飛行機)による荷物の試験配送を福島県の郵便局間で始めた。同社はドローンを山間部や離島で活用し、業務効率化につなげたい考えだ。

     配送は、小高郵便局(南相馬市)と浪江郵便局(浪江町)を結ぶ約9キロの距離で実施。局内に置くチラシなど重さ2キロ以内の荷物を約15分で運ぶ。来年3月末まで行い、課題を探る。

    1
    続き

    5歳のハリスホーク「アリア」が駅構内に出動

     ロンドン中心部のウォータールー駅で最近、構内に居着いたハトを追い払うため、タカを「雇う」ことになった。週に2回、約2時間の勤務で構内をパトロールし、ハトを威嚇するのが仕事だ。英鉄道会社ネットワーク・レールが発表した。

     ウォータールー駅では、吹き抜けとなった構内の飲食店や喫茶店にハトが群がり、利用客の食べ物をつまみ食いする光景が目立つ。このため、苦情が多く寄せられていたという。

    0
    続き

    日本ハムの新球場は開閉式屋根で天然芝の球場

     プロ野球日本ハムは5日、北海道北広島市で2023年3月に開業する新球場「北海道ボールパーク(仮称)」の概要を発表した。開閉式の屋根を持つ天然芝の球場で、収容人数は約3万5千人。札幌市内で記者会見した三谷仁志事業統括副本部長は「世界がまだ見ぬボールパークを北海道から発信したい」と語った。

    0
    続き

    青・赤・緑・黄の世界、神秘的なイルカショー

     横浜市金沢区の水族館「八景島シーパラダイス」で8日、新しいイルカのナイトショーが報道陣に公開された。

     レーザーやプロジェクションマッピングで青、赤、緑、黄の4色の世界がストーリーとともに表現され、約8頭のイルカがトレーナーと息の合ったパフォーマンスを披露。

     フィナーレは、色とりどりの背景の中で何度もジャンプする。9日から一般公開されている。

    0
    続き

    「チンアナゴ」の調査進展に期待、産卵を撮影

     海底の砂地から長い首だけ出してゆらゆら-。ユーモラスな姿が人気を集めるチンアナゴのイベントが、すみだ水族館(東京都墨田区)と京都水族館(京都市)で9日から始まる。餌を食べる様子の解説やクイズなどが11日の「チンアナゴの日」まで行われる。

    0
    続き

    米中間選挙で連邦議会の女性議員が過去最多に

     6日投開票の米中間選挙では110人超の女性候補者が勝利し、連邦議会の女性議員は過去最多になることが分かった。米ラトガース大学の「女性と政治センター」が7日集計した。女性蔑視発言を繰り返すトランプ大統領への反発や、女性の社会進出を後押しする機運の広がりを背景に、過去最多の女性候補者が中間選挙に立候補していた。

    0
    続き

    第61次南極観測隊の隊長に青木北大准教授

     来年秋に出発する第61次南極地域観測隊の隊長に北海道大低温科学研究所の青木茂准教授(52)海洋物理学が決まった。東京都内で8日開かれた政府本部総会で承認された。青木さんは39次隊で越冬隊員を務め、43次隊と56次隊では夏隊同行者として「しらせ」とは別の船で南極海を観測した。

    0
    続き