■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • フォト rss

    京都を舞台に、近未来のSF青春ラブストーリー

     京都に暮らす堅書直美(北村匠海)は悩んでいた。自分の意思や意見をはっきり表現できない、周りに流されがちな内気な男子高校生。なりたくもなかった図書委員をすることになりコツコツと役割をこなすも悶々とした日々が過ぎていく。

    0
    続き

    阪急交通社、歴代天皇陵を巡るツアー始める

     阪急交通社は今月、令和への改元を記念し、神武天皇から昭和天皇まで124代にわたる天皇の御陵(墓)を巡拝するツアーを始めた。1カ月に1回、来年11月まで計15回の全行程に参加すれば、京都や奈良、大阪、東京など8都府県に計124カ所ある天皇陵を全て巡ることができる。同社によると、全天皇陵を訪れるツアーを実施するのは旅行業界で初めて。

    1
    続き

    勝利への執念が浸透、巨人5年ぶりリーグ優勝

     歓喜の輪の中に吸い込まれると、原監督は8度宙を舞った。チームの再建を託され、3度目の就任。その1年目でリーグ優勝をつかむと、涙を浮かべ、「非常に新鮮。年を取ると涙腺が弱くなるかもしれない」と感慨深げに語った。

    1
    続き

    八村塁選手、「新しいジャーニーが楽しみ」

     米プロバスケットボール協会(NBA)のウィザーズに所属する八村塁選手は20日、来月のシーズン開幕を前に、本拠地の首都ワシントンで杉山晋輔駐米大使を表敬訪問した。

     大使から「活躍が期待されている」とエールを送られた八村選手は、「ウィザーズは素晴らしいチーム。これからの生活、新しいジャーニー(旅)がすごい楽しみです」と笑顔で語った。(ワシントン時事)

    1
    続き

    勝利から一夜、公式グッズストアへ詰め掛ける

     「日本らしい試合だった」「予選突破を」。白星を飾った初戦から一夜明けた21日、東京・新宿の公式グッズを扱う「ラグビーワールドカップ2019メガストア」には、開店直後から多くのファンらが詰め掛けた。

    1
    続き

    ルイ13世の金貨、オークションハウスで公開

     18日、フランス南西部ボルドーのオークションハウスで公開された金貨。

     17世紀の国王ルイ13世が発行したもの。

    1
    続き

    ラグビーW杯開会式で和太鼓や連獅子、富士山も

     ラグビーワールドカップ(W杯)開幕戦前に東京スタジアム(東京都調布市)で催された開会式では、和太鼓や連獅子、富士山など日本の特色が前面に押し出された。約20分間の式典では、幻想的な映像と約1000人の出演者が鮮やかに融合した。

    1
    続き

    逆転に沸くスタジアム、必死の声援「頑張れ」

     迎えたロシアとの開幕戦。開始早々、先制トライを許した日本だったが、すぐに取り返す。その後は一進一退が続いたが、前半終了間際に逆転トライが決まると、スタジアムは歓喜に包まれた。「頑張れ」。勝利を信じ、スタンドからは祈りにも似た声援が沸き上がった。

    1
    続き

    没後100年、近代建築の大家「辰野金吾特別展」

     日銀の貨幣博物館は20日、日銀本店や東京駅舎を手掛けた近代建築の大家、辰野金吾の没後100年を記念した特別展の報道陣向け内覧会を開いた。

     初公開となる海外渡航時に使ったトランクなど90点を展示。一般には21日から12月8日まで公開される。

    1
    続き

    LCC専用、中部国際空港第2ターミナル開業

     中部国際空港(愛知県常滑市)の格安航空会社(LCC)専用となる第2ターミナルが20日、開業した。LCC専用としては成田、関西に続く3カ所目。中部地域への訪日旅行客取り込みの一翼を担うことが期待される。

     第2ターミナルは2018年5月に着工、今年7月に完成した。2階建て2棟構成で、延べ床面積は4万5000平方メートル。年間450万人の旅客に対応できる。

    1
    続き

    北海道網走の能取湖に広がる深紅のじゅうたん

     北海道網走市の能取湖でアッケシソウの大群落が紅葉し、深紅のじゅうたんを敷き詰めたような光景が広がっている。

     アッケシソウは色や形がサンゴに似ていることからサンゴソウとも呼ばれ、茎が夏は緑で秋は赤く染まる一年草。

     宮城県石巻市から友人と訪れた片倉清子さん(68)は「10年前から来たかった。東日本大震災がありなかなかタイミングが合わず、やっと見られました」と幻想的な秋を満喫していた。

    1
    続き

    阪神の近本光司外野手、本拠地で開いた歴史の扉

     重い歴史の扉を、阪神の近本は難なく開いてみせた。プロ初の3番で出場。一回2死走者なしの初打席で「3人で終わるよりは、しっかりボールを見て打たないといけない」。小川の3球目を捉え、今季154本目の安打が一、二塁間を抜けた。

    1
    続き

    日本代表ジョセフHC、団結・重視の親日家

     ラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表を指揮するジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチHC(49)は、日本の社会人チームでプレーし、日の丸を背負ってW杯に出場した経験もある。就任後に掲げたスローガンは「ONE TEAM(ワンチーム)」。団結を重視した「ジョセフ・ジャパン」は20日夜、開幕戦でロシアと対戦する。

    1
    続き

    W杯開幕に合わせ、「ラグビー外交」スタート

     ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕するのに合わせ、ラグビー強豪国から要人が相次ぎ来日する。安倍晋三首相は各首脳らとスポーツを通じて交流を深めたい考え。19日はニュージーランド(NZ)のアーダーン首相と会談。互いのファーストネームが書かれたユニホームを交換するなど友好ムードを演出した。

    1
    続き

    ビール切らすな、大会組織委が呼び掛ける

     20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)では11月2日までの開催期間中、欧州やオーストラリアなどから延べ約50万人に上る観客が訪れる。ビール業界や全国12会場、周辺飲食店では「サッカーの試合の6倍」とされる海外ファンの桁違いのビール特需に沸いており、「品切れ回避」を合言葉に増産体制などを敷いて乗り切る構えだ。

    1
    続き

    学校給食にラグビーW杯出場国ジョージア料理

     埼玉県熊谷市は、20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)に向け、市内で開かれる試合に出場する6カ国の料理の給食を全市立小中学校で実施している。ロシア-サモア戦など計3試合が同市で行われる。

     6日には市立吉岡小学校でジョージア料理の給食を提供。子供たちはチーズパン「ハチャプリ」や、鶏肉と野菜を煮込んだ具だくさんなスープ「チャホフビリ」などを味わった。

    1
    続き

    大嘗祭で使われる新米の産地の「斎田」決まる

     宮内庁は18日、11月の大嘗祭で使われる新米の産地の「斎田(さいでん)」が、栃木県高根沢町と京都府南丹市の田に決まったと発表した。近く米の収穫儀式「抜穂(ぬきほ)の儀」が行われる。

    1
    続き

    ラグビーW杯あす開幕、テレビカメラ大量投入

     アジアで初開催となるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕する。大会は、世界200カ国で40億人がテレビで視聴するとされる。迫力のプレーや各国チームの戦術を映像に捉えるため、1試合に投入されるテレビカメラは最大で30台を超える。

    1
    続き

    森田千葉県知事、激甚災害の早期指定を要望

     安倍晋三首相は18日、台風15号で被災した千葉県の森田健作知事と同県選出の自民党国会議員らと首相官邸で面会し、激甚災害の早期指定について要望を受けた。

     森田氏はこの後、記者団に「首相から大変前向きな回答をいただいた。指定していただけると信じている」と述べた。

    1
    続き

    観光地への打撃深刻、影響長期化に強まる懸念

     台風15号で停電や断水に見舞われた千葉県で、秋の行楽シーズンを迎えた観光業への打撃が深刻になっている。来場者の落ち込みや臨時休業を余儀なくされた施設も多い。週末の3連休が近づく中、影響の長期化を懸念する声が高まっている。

    1
    続き

    ダビンチの一風変わったライオンがお目見え

     パリのイタリア文化会館で11日、一風変わったライオンがお目見えした。

     このライオン、レオナルド・ダビンチが約500年前に考えた設計図を基に制作された。

     細部まで精巧に再現されており、ダビンチの鬼才ぶりをうかがわせる。

    1
    続き

    ラグビーW杯、リッチな「おもてなし」が人気

     高級な食事や元選手による解説など、リッチな「おもてなし」を楽しみながら大型スポーツイベントを観戦できる「スポーツホスピタリティー」が人気を博している。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会では、4000万円以上もする商品が完売。販売する企業は「東京五輪も控え、新しい観戦スタイルとして日本に定着させていきたい」と話している。

    2
    続き

    正体不明の芸術家バンクシーの「英議会」競売へ

     英競売商サザビーズは15日、正体不明の英芸術家バンクシーによる、英下院をモチーフに政治家をチンパンジーに見立てた絵画作品を、10月3日に競売に掛けると発表した。150万~200万ポンド(約2億~2億7000万円)の高額での落札が見込まれている。

    2
    続き