«
»

コロナ流行で住宅地にネズミ出没

 ネズミは人に依存し生きている。これは事実だ。人が住んでいる所に住み、人が食べるものを食べる。
 そのため、ワシントンのネズミ駆除の責任者は、昨年、新型コロナウイルスの流行による企業、店舗が閉鎖されたにもかかわらず、有害生物が前年比で約30%増加したという苦情に驚いていない。

 市の責任者ジェラルド・ブラウン氏はワシントン・タイムズに、「大変な事態だが、予測不能だ。レストランが閉まっているので、この地域のネズミは、餌を求めて住宅地に移動し始めている。人々は家にいて、ウーバーイーツやグラブハブを使い、ごみ箱の中のごみが増えた」と述べた。

 地域の諮問委員ティファニー・ジョンソン氏は、7800件以上の苦情の過半数が4区からのものだったと述べた。

 「これは基本的には、ごみを適切に処分しない人がいることが原因。公共のごみ箱を私的に使ったり、きちんと袋に入れられていない」

 4区のジャニーズ・ルイスジョージ市議会議員(民主)はワシントン・タイムズに、アパートでごみがあふれていることが問題を悪化させていると指摘した。

 ルイスジョージ氏は電子メールで「4区のアパートの建物の多くは、住民が必要とするだけの十分な数のごみ箱がなかったり、小さ過ぎたりしている。特に今は、家で過ごす時間が長く、そのためごみも増えている」と指摘した。

 ネズミ駆除の専門家ジム・フレデリックス氏は、ワシントンは、昨年ネズミの増加が報告された都市の縮図のように見え、ニューヨーク市、ボストン、ニューオーリンズなどでネズミの増加が報告されたと指摘した。

 全米有害生物駆除協会の昆虫学者フレデリックス氏は、ネズミは構造物や電線をかじって巨額の損失を招き、火災を起こすこともあると述べた。

 ネズミが、至る所に危険な有害生物をまき散らしていることも報告されている。

 フレデリックス氏は電子メールで「食物への被害だけでなく、200種の病原菌、35種の病気を人に移し、アレルギーやぜんそくの症状を引き起こすこともある」と指摘した。

 疾病対策センター(CDC)は先月、「動物が新型コロナウイルスを拡散させるリスクは小さいと考えられる」と発表した。

 市は、何十年も前からネズミと戦ってきた。議会は1968年に「ネズミ戦争」を宣言した。当時、市の半分にネズミが生息していたとみられている。150以上のネズミ駆除業者が、ドブネズミ駆除に乗り出した。このネズミはふわふわの茶色の毛を持ち、成長すると体長24センチほどにもなる。

(4月21日付)

◇ ◆ ◇

‘Desperate and unpredictable': Rats turn to household trash when restaurants shut down

Let’s face facts: Rats depend on us. They live where we live and eat what we eat.
So the District’s chief of rodent control was not surprised that complaints about the pests increased by nearly 30% last year compared with 2019, even though the pandemic forced businesses to close.

“They are desperate and unpredictable,” Gerard Brown told The Washington Times. “Since the restaurants shut down, rats in those areas start migrating into residential areas looking for food. People are home and they’re using Uber Eats and Grubhub, and there’s more trash in trash cans.”

The majority of the city’s more than 7,800 complaints came from Ward 4, said Tiffani Johnson, advisory neighborhood commissioner.

“That’s been basically due to a lack of individuals not throwing out their trash appropriately…using public trash cans as their personal trash and not bagging their trash appropriately,” she said.

D.C. Council member Janeese Lewis George, Ward 4 Democrat, told The Times that garbage overflow at apartment buildings is adding to the problem.

“Many apartment buildings in Ward 4 are not providing enough garbage cans or large enough garbage cans to meet the needs of residents, especially now that people are spending more time at home and creating more waste as a result,” Ms. Lewis George said in an email.

The District appears to be a microcosm of the increased rodent activity reported last year across the country, including in New York City, Boston and New Orleans, pest control expert Jim Fredericks said.

Rodents can cause billions of dollars in damage by gnawing on structures and chewing through wiring that can cause fires, said Mr. Fredericks, chief entomologist for the National Pest Management Association.

They are also reportedly among the most prevalent and dangerous public health pests nationwide.

“In addition to destroying human food, mice and rats can transmit 200 pathogens and 35 diseases to humans and can trigger allergy and asthma symptoms,” Mr. Fredericks said in an email.

Last month, the U.S. Centers for Disease Control and Prevention reported that “the risk of animals spreading COVID-19 to people is considered to be low.”

The District has been battling rodents for decades, and Congress even declared a “war on rats” in 1968, when it was estimated that half of the city was infested. More than 150 rat catchers were sent to hunt down the notorious Norway rats, which have furry brown bodies and can grow up to 9 1/2 inches long.

April 21, 2021

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。