«
»

第2章:「ロシア癒着」へ

 米国人は、「クロスファイアー・ハリケーン」(訳注:トランプ陣営とロシア当局との間に結託があったかどうかを捜査する連邦捜査局=FBIの作戦名)、つまり、トランプの民主党の敵、ヒラリー・クリントンをおとしめるために、クレムリンと共謀したと推察されたドナルド・トランプの選挙運動陣営に対する謎に包まれていた調査については、知るべき部分はすべて知っていると思っているかもしれない。

 ところが、公的説明は、重要な話の筋を見失っているかもしれないという情報が浮上してきたのである。ヒラリーは犠牲者ではなく、加害者であるという筋書きだ。それが事実であるか、フィクションであるかは、さておき、このことは、かつてない政治ドラマの中に書き記す価値のある新しい1章ではある。

 ロバート・モラー特別検察官と彼の捜査官チームは、トランプ大統領側と彼の選挙運動陣営の犯罪性に関して2年以上を費やして、トランプ・ロシア共謀事件を徹底的に調べたが、何も見つけられなかった。司法省のマイケル・ホロウィッツ監察総監は彼の冤罪(えんざい)を確認した。

 一件落着と言って、正しいだろうか。多分、そうではない。火曜日に、国家情報長官、ジョン・ラトクリフは、2016年7月にクリントン候補が「米国大統領候補ドナルド・トランプに対するスキャンダルを、彼と、プーチンおよびロシア側による民主党全国委員会に対するハッキングとを結び付けることによって、沸き立たせて選挙運動を行うことを承認した」と申し立てるロシア側のニュースソースに基づく、新たに機密解除された文書に関して、書状によって、上院司法委員会委員長リンジー・グラハムに通知した。クリントン自身の個人的メールサーバー・スキャンダルから注意をそらすことが、彼女がもくろんだ目的だったのだ。

 さらに、ラトクリフ氏は、当時の中央情報局(CIA)長官、ジョン・ブレナンが、オバマ大統領にその申し立てを通知し、米国の情報当局者がジェームズ・コミーFBI長官と、彼の代理であるピーター・ストロザック捜査官にその情報を調査のために照会したと書き送った。

 確かに、「クロスファイアー・ハリケーン」の大失敗が示したように、いろいろな申し立ては、針小棒大的な話となりやすい。答えが欲しいのは:トランプ・チームの悪事を申し立てる告発の裏返しに匹敵するヒラリーの注意事項に対して、容赦なく告発が仕掛けられたであろうか、という質問である。

 グラハム氏は、さらに突き詰めて、水曜日に、その質問を司法委員会の監視聴聞会でコミー氏にぶつけた。奇妙な話だが、この元FBI長官はクリントン夫人に対する申し立てについて知らされた件については思い出せなかった。彼は、また、ラトクリフの書状の内容に取り組むことは拒否し、「私は書状の中身を読んだが、率直に言って、私は、その内容が難しくて分からなかった」とだけ言った。

 米政治紙「ポリティコ」は、ヒラリーのスポークスマンが、この元民主党の指導者に対する申し立ては、いずれにしても「根拠のない」ほら話だと言ったと伝えた。彼は正しかったかもしれないし、上司をかばっていたのかもしれない。米国民やコミー氏と同じくらいにショックを受ける程度の告発の信憑(しんぴょう)性に対しては、彼も何も分からなかったかもしれない。

 どう見ても、オバマ政権下のFBIはトランプ個人に向けられたでっち上げの告発に注ぎ込まれた細心の慎重さもっていてさえ、クリントンのはかりごとを処理することができなかったのだ。汚い陰謀についてもブリーフィングを受けていたと言われるオバマ氏が好んで主張していたように「微塵(みじん)の汚職も」ないと言っていいほどの潔癖さがなかったことは言うまでもない。

 米国民には、ロシア共謀論の中のこの不快な最終章をすべて読む権利がある。

(10月4日付)

◆   ◇   ◆

Americans may have thought they had heard all there is to know about “Crossfire Hurricane,” the shadowy investigation of Donald Trump’s 2016 campaign supposed conspiracy with the Kremlin to discredit his Democratic opponent, Hillary Clinton. Information has surfaced that the official account may be missing an important plot twist: Hillary not as victim, but perpetrator. Fact or fiction, it’s a new chapter in this unprecedented political drama that deserves to be written.

Special counsel Robert Mueller and his team of investigators probed the Trump-Russia conspiracy claim for more than two years before finding no criminality on the part of President Trump and his campaign associates. Justice Department Inspector General Michael Horowitz confirmed the exoneration.

Case close, right? Maybe not. On Tuesday, Director of National Intelligence John Ratcliffe informed Senate Judiciary Committee Chairman Lindsey Graham by letter of newly declassified documents based on Russian sources alleging in July 2016 that Candidate Clinton “approved a campaign plan to stir up a scandal against U.S. Presidential candidate Donald Trump by tying him to Putin and the Russians’ hacking of the Democratic National Committee.” Distracting attention from her own private email server scandal was her purported aim.

Further, Mr. Ratcliffe wrote that then-CIA Director John Brennan had informed President Obama of the allegation and that U.S. intelligence officials had referred the information to FBI Director James Comey and his deputy, Peter Strzok, for investigation.

To be sure, allegations can just as easily amount to a molehill as a mountain, as the “Crossfire Hurricane” debacle demonstrated. The question that demands an answer: Did the FBI give the damning charge against Hillary attention commensurate with the flip-side file alleging Trump team mischief?

Mr. Graham, in essence, posed that query Wednesday to Mr. Comey during a Judiciary Committee oversight hearing. Disturbingly, the former FBI director failed to recall being informed of the allegations against Mrs. Clinton. He also refused to address the contents of the Ratcliffe letter, only allowing, “I read the contents of the letter which, frankly, I had trouble understanding.”

Politico reported that a spokesman for Hillary described the allegation against the former Democratic Party standard-bearer as “baseless” bull-hockey, more or less. He could be correct, or he could be covering for his boss. He could also be as clueless about the veracity of the shocking charge as the American public, or Mr. Comey himself.

By all appearances, the Obama FBI failed to treat the purported Clinton scheme with even a sliver of the scrutiny given the bogus charges lodged against Trump personnel. Not to mention that Mr. Obama, who is said to have been briefed on the dirty trick, might not be as free from “even a smidgen of corruption” as he liked to claim.

Americans deserve a full reading of this final foul episode in the Russia collusion tale.

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。