«
»

テーザー銃問題:警察はその革新的管理に努めよ

 警察官が民間人を死に至らしめるような発砲をしてしまいかねない危険な、双方のぶつかり合いは悲劇としか言いようがない。ブリオナ・テイラーさんの死が、またしても、クローズアップされている。黒人男性らが銃撃された事件は、今年の夏、社会不安を引き起こし、それが、広範囲に及ぶ暴力事件に波及したことは、ただただ、心痛を強めるだけであった。
 全国の多くの警官が危険な対象者らを上手(うま)く取り押さえる際に用いるテーザー銃(訳注)のような非致死性の道具を持っているが、彼らがそういった道具が上手く働かないと分かった時には、職務上使用する彼らの武器を発砲するのにほとんど、選択の余地がないまま行っていることが多いのである。正義の平等を探求するばかりでなく、米国人は、死亡や負傷を減らせる法執行面での革新的方法を求めてよいはずである。

 全国民の感情を揺さぶった最も新しい事件が先月末、ウィスコンシン州ケノーシャ市で起きた。ジェイコブ・ブレークという、29歳の黒人男性が同市の警官に銃撃されたのである。報道によると、ブレークさんは、家庭内暴力の通報を受けて現場に駆け付けた警官らともみ合いになり、警官らは彼を押さえ付けるのに失敗して、テーザー銃を撃つ羽目に陥った。彼がナイフを取ろうとして、自分の車に手を伸ばしたところで背中を撃たれ、その結果、重傷を負った。

 同様の暗い事件は6月にも演じられた。その時は、酒か薬剤を飲んでいるような状態で運転していると疑われて、レイシャード・ブルックスさんは、逮捕されないように抵抗している最中に、ジョージア州アトランタ市で殺されたのだ。27歳の黒人男性のブルックスさんは、2人の警官と口論になった。警官がテーザー銃を撃つがブルックスさんはそれを振り切り、自身のテーザー銃で1人の警官を撃とうと試み、射殺された。

 両方の事件で、警官らは抵抗する対象者を非致死性武器でコントロールすることに失敗した。それで、彼らは致死性武器使用に方針を変えた。それが、略奪、放火、そして暴動の爆発的発生の夜を招くことになったのだ。さらに悪いことには、その後、続いて起こった暴力事件は、絶え間ない暴力沙汰に巻き込まれた個人レベルの偶発的死を招くに至ったのである。

 強力だが、ほとんどの場合、負傷させるほどではない電気ショックで、目標とするものの力を無力化する役目のテーザー銃は、必ずしも効果的な働きをするわけではない。「APM(アプリケーション・パフォーマンス管理)リポート」の2019年のある調査書には、2015年から2017年の間の258例の中で、1人の脅迫とされた個人を、テーザーによる押さえ込みに失敗した後、警察は射殺したと結論付けられていた。

 その調査書によって、12の大都市の警察署において、テーザー銃の有効率は、インディアナポリス市の54.7%の低い例から、エルパソ市の79.5%の高率まで、さまざまであるということが明らかになった。ニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストンでは、比較的弱い電気ショックを持った型を使用しているが、狙われた人間にとっては、安全性はより高いが、目標の人間を押さえ込むには有効性は落ちると証明された。

 テーザー銃は数千の人命を救ったという明らかな証拠はあるが、それが上手く働かなかった事件が起きると、黒人市民に対する警官による発砲をめぐる怒りに火が付くきっかけとなった。21世紀の米国において、あらゆる革新的技術の総力を挙げて、法執行機関はもっと優れた非致死性ツールの考案に挑まなければならない。(9月24日付)

訳注:電気ショック銃のこと。米アクソン社が発売しているスタンガンのブランド。二つの小さな針が付いた射出体を発射し、標的となる人間の肌に突き刺さる。法執行機関などでも、同社製のモデルが暴徒対策用に使用されている。

◇ ◆ ◇

Trouble with Tasers: Police need control tools that are not hit or miss

Perilous confrontations that result in police fatally shooting a civilian can only be described as tragic. The death of Breonna Taylor is once again in the news. Cases in which Black men were shot triggered social unrest this summer, with the rippling effect of widespread violence only adding to the heartbreak.
Many officers across the nation have non-lethal tools such as Tasers for use in controlling dangerous subjects, but they often have little choice but to fire their service weapons when those devices prove ineffective. In addition to the quest for equal justice, Americans should be calling for law enforcement innovations that reduce death and injury.

The most recent incident to roil national sensibilities occurred late last month in Kenosha, Wisconsin, when Jacob Blake, a 29-year-old Black man, was shot by city police. Mr. Blake scuffled with police officers at the scene of a domestic dispute, according to news reports, causing them to discharge their Tasers in a failed attempt to subdue him. When he reached into his car for a knife, he was shot in the back, leaving him in serious condition.

A similarly grim incident played out in June, when Rayshard Brooks, suspected of driving under the influence, was killed while resisting arrest in Atlanta. A 27-year-old Black man, Brooks fought with two police officers, shrugged off the effects of a Taser discharge and attempted to shoot one cop with his own Taser before being fatally shot.

In both incidents, police failed to control a resisting subject with a non-lethal weapon. Officers then resorted to lethal force, leading to explosive nights of looting, arson and rioting. Worse, the ensuing violence resulted in the incidental deaths of individuals caught up in the ensuing mayhem.

The Taser, which incapacitates a subject by targeting him with a strong but mostly harmless electrical charge, is not always effective. A 2019 of investigation by APM Reports concluded that in 258 cases between 2015 and 2017, a threatening individual was fatally shot by police after a Taser failed to subdue him.

The study found that among 12 major metropolitan police departments, the Taser effectiveness rate varied from a low of 54.7% in Indianapolis to a high of 79.5% in El Paso. In New York, Los Angeles and Houston, use of a newer model with a weaker electrical discharge proved safer for targeted subjects, but less effective in subduing them.

Despite clear evidence that the Taser has saved thousands of lives, occasions when it has failed have helped fuel outrage over police shootings of Black citizens. In 21st century America, with all its innovative resources, law enforcement must devise better non-lethal tools.

September 24, 2020

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。