«
»

バー長官、「暴力的世俗主義者」が米国を弱める

 バー司法長官は23日、米国の道徳規範を侵食し、政府、自由、権力をめぐる建国のビジョンを破壊していると、「暴力的世俗主義者」を非難した。
 バー氏は全米カトリック祈祷朝食会で演説し、宗教は「自由社会の礎」だが、宗教を弱体化させ、それに代わって宗教に反する道徳規範を強化しようとしてきた「世俗主義者らに包囲されている」と指摘した。

 バー氏は「宗教の空洞化は予想通り、大変な結果を生んだ。この50年間、都市部での暴力、麻薬乱用、家庭の崩壊が激増した。このような問題が、かつてないほど強力な中央政府の出現を促進した」と述べた。

 カトリック教徒のバー氏は、この問題を繰り返し訴え、司法省としての対応を強化してきた。新型コロナウイルスの感染拡大の中、連邦検事らを動員して、宗教団体も、少なくとも企業や人種的差別抗議デモ程度の対応は受けられるように求めてきた。

 バー氏は、「教会に忠誠を尽くし、万民への無私の忠実な奉仕で手本を示した」として祈祷朝食会から「信徒の召命と使命賞」を贈られた。

 一方でバー氏の姿勢は、カトリック教会内外から強い非難を受けている。

 カトリック司祭協会は声明で「バー氏が最近下した決定の数々は、カトリックの信仰に照らして受け入れ難い。特に、17年の間、停止されていた連邦政府による死刑を再開する決定は容認できない」と訴えた。

 また、6月にホワイトハウス付近から反トランプ抗議デモを排除したことについても、これを指揮したバー氏の判断ミスを指摘するカトリック団体もある。この件に関しては現在、複数の監察官が調査を行っている。

 全米カトリック朝食会の理事長で、保守系法律家団体「フェデラリスト・ソサエティー」の共同委員長レオナルド・レオ氏は、バー氏を「社会に奉仕するカトリック」であり「勇気の人」と称(たた)えた。

 「その信仰は、バー氏が公に仕える姿勢に表れている。誠意、謙遜、誠実、賢明な助言だ」

 バー氏がこの1年間に行ってきた一連の演説に注目が集まっている。ヒルズデール大学が主催して今月行われた催しで、司法長官はどの事件をどのように起訴するかを決める権限を持つと述べた。

 昨年、ノートルダム大学での演説で、反宗教感情に懸念を表明し、米国の政治の歴史の中での宗教の役割を研究していることを明らかにした。

(9月23日付)

◇ ◆ ◇

Barr: `Militant secularists’ weaken U.S.

Attorney General William Barr on Wednesday railed against “militant secularists” who he said are eroding the nation’s moral standards and disrupting the founders’ vision of government, liberty and power.
In an address to the National Catholic Prayer Breakfast, he called religion the “foundation of a free society” but said it has been “under siege by secularists” who have undermined religion and tried to replace it with a morality hostile to faith.

“The consequences of this hollowing-out of religion have been predictably dire,” Mr. Barr said at the National Catholic Prayer Breakfast. “Over the past 50 years, we have seen striking increases in urban violence, drug abuse and broken families. Problems like these have fed the rise of an ever-more powerful central government.”

Mr. Barr, a Catholic, has sounded that theme repeatedly and has increasingly put the power of the Justice Department behind it. During the COVID-19 pandemic, he has deployed U.S. attorneys to demand that houses of worship be treated at least as well as businesses or racial justice protesters.

He received the prayer breakfast’s Christifideles Laici Award for “fidelity to the church, exemplary selfless and steadfast service in the Lord’s vineyard” and other work.

His stances, however, also have drawn fierce opposition within and outside the Catholic Church.

“We consider Mr. Barr’s recent decisions in actions to be abhorrent in the context of the Catholic faith,” the Association of Catholic Priests said in a statement. “We consider especially scandalous his decision to begin again federal executions after 17 years of a moratorium.”

Other Catholic groups complained that Mr. Barr was a poor choice after he oversaw the clearing of anti-Trump protesters from near the White House in June, in an incident that is under investigation by multiple inspectors general.

But Leonard Leo, president of the National Catholic Prayer Breakfast’s board and co-chairman of the Federalist Society, a conservative legal group, said Mr. Barr is “a Catholic public servant” and “a man of courage.”

“His faith informs the attributes of his public service: integrity, honesty, humility, and sincere and wise counsel,” Mr. Leo said.

Mr. Barr has given a series of high-profile speeches over the past year. At an event hosted by Hillsdale College this month, he said the power of the attorney general is to decide which cases get prosecuted and how.

Last year, he raised his concerns about anti-religious sentiment in a speech at the University of Notre Dame, exploring the historical role of religion in the American political experiment.

September 23, 2020

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。