«
»

アラスカに大量の海洋ごみ、ロシアが発生源か

 世界最北の地に大量のごみが捨てられている。捨てているのは状況から見て、米国の因縁の敵国、ロシアだ。
 アラスカ州のベーリング海峡沿いの海岸に打ち寄せるプラスチックなどの大量のごみがこの夏、急に増加したことが、先住民の指導者、連邦機関によって報告されている。そのほとんどにロシア語のラベルが貼られている。缶、びん、袋などのごみで、もともとはきれいなアラスカの海岸が汚れていることに地元当局者らはいらだち、連邦政府に積極的な対応を求めている。

 この問題は、8カ国が参加する北極評議会の重要テーマにもなった。評議会にはロシアも参加している。

 研究者らは、大国が、温暖化の進む北極圏の覇権をめぐって競い合っていることから、今後10年は汚染は悪化するとみている。米国、ロシア、中国などの大国は、北極圏を21世紀の重要な戦略的領域とする見方を強めており、各国は巨額の資金を投じて、海軍の近代化を進め、この凍結した海域で航行可能な船舶の建造に取り組んでいる。

 ロシアと中国は北極圏を、貿易のための重要な航路、エネルギー資源を採掘できる豊かな地としてもみている。

 しかし、この地域への世界の関心の高まりによって、商船、艦艇の航行が増加し、それとともに、船から投棄されるごみが増加し、アラスカの海岸に流れ着くのではないかとみられている。見た目にきれいでないだけでなく、ここに生息する動物にも破壊的な影響を及ぼす可能性がある。

 この夏、増加したごみの発生源は分かっていないが、現地の指導者らは、このような光景はこれまでに見たことがないと指摘している。

 アラスカ州ノームの先住民共同体「カウィサク」で海洋保護活動に取り組むオースチン・アーマスク氏は「今も起きている。7月の末に始まり、まだ続いている。…至る所にごみがある」と指摘した。

 アーマスク氏は、この地域で海洋ごみは普通のことになっており、カウィサクはいつも、チームを組んでできる限りごみを拾い集めていると強調した。

 しかし、ここ数年と違ってこの夏、打ち上げられるごみは、新しく、近くの海に一度に大量のごみが投棄された可能性がある。当局者らはこれを「ポイントソース」と呼んでいる。

 アーマスク氏は今週、ワシントン・タイムズとのインタビューで、「製造番号が付いていたり、2020年7月の製造日が印刷されていたりしている。何十年間も海岸のごみを拾ってきた。今、打ち上げられているごみは、特に国外からのごみであり、投棄されたばかりだ」と述べた。

 スプレー缶やオイル缶もよく見つかるという。連邦当局者らも、衛生用品やゴム長靴なども流れ着いていると指摘している。アーマスク氏によると、その中には、ラベルにロシア語が書かれたものが多いが、包装の様子から韓国などのアジアの国々からである可能性もある。

(9月15日付)

◇ ◆ ◇

Trash washing up on Alaskan shores bears Russian labels

There is a litterbug at the top of the world, and evidence points to America’s longtime nemesis: Russia.
Tribal leaders and federal agencies have reported a major rise this summer in the amount of plastics and other garbage washing ashore in the Bering Strait region of Alaska, much of it bearing Russian-language labels. The cans, bottles, bags and other debris scattered across the otherwise pristine Alaskan coast have frustrated local officials, who are pleading with the federal government to take more aggressive action.

The problem has become a priority for the eightnation Arctic Council, of which Russia is a member.

Researchers say the pollution will likely get worse over the coming decade as the world’s most powerful nations vie for dominance of a warmer Arctic region. The U.S., Russia, China and other world powers increasingly see the Arctic as key strategic territory in the 21st century, and each nation is investing vast sums of money to modernize their navies and build ships capable of operating in the icy waters.

Russia and China also see the Arctic corridor as prime real estate for commercial shipping and fertile ground to extract energy resources.

But the renewed global focus on the region will likely bring with it a massive increase in commercial and military maritime traffic, which in turn could lead to more trash being dumped overboard and ultimately finding its way onto Alaskan beaches. In addition to being an eyesore, the refuse carries potentially catastrophic consequences for animal life.

The exact origin of this summer’s garbage tsunami remains unclear, but leaders on the ground say it’s unlike anything they have seen before.

“It’s still happening. It began the end of July and it’s still occurring.…There is trash everywhere,” said Austin Ahmasuk, marine advocate with Kawerak Inc., a tribal consortium based in Nome, Alaska.

Marine debris, he said, is a common problem in the area, and his organization routinely assembles teams to pick up as much of it as possible.

But unlike past years, the garbage coming ashore this summer appears to be new, suggesting that a huge amount of trash had been dumped at the same time in the same general vicinity - what officials call a “point source” event.

“This stuff has serial numbers on it, date stamps of July 2020,” Mr. Ahmasuk told The Washington Times in an interview this week. “We were collecting stuff that was on the beach for decades. Now the stuff we’re seeing washing up, the foreign debris especially, it’s of recent origin.”

Mr. Ahmasuk said aerosol and oil cans are among the common finds. Federal offi cials also say there have been personal hygiene products, deck boots and an assortment of other items. Many of the products have Russian writing on the labels, though packaging suggests others may have originated in South Korea or other Asian nations, Mr. Ahmasuk said.

September 15, 2020

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。