«
»

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

 2001年9月11日を生き抜いた米国人なら、あの運命の日を決して忘れることはないであろう。しかし、イスラム主義者のテロ攻撃が引き起こした恐怖と苦しみは、米国が永遠に戦争状態を維持しなければならないということを意味しない。トランプ大統領は、テロリストによる犠牲者のための報復を成し遂げ、その後の攻撃から米国を守ってきた軍隊の撤収をさらに進めようとしている。彼のやり方は正しい。しかし、だからと言って、彼の行動は、米国人がもう忘れようとしていることを意味しない。
 トランプ氏は今週、イラクに駐留している米軍の半分近くを本国に戻すことを約束した。アフガニスタンからも同様の撤収計画が進められている。「われわれは、米国の新規の戦争を避けてきたし、そしてさらに、部隊を本国に戻すつもりである」と大統領は、火曜日にノースカロライナでの2020年大統領選の選挙集会で支持者に語った。「われわれは、このような遠方の地の全部から、彼らを連れ帰ろうと思っているのだ」とも。

 「決して忘れない」という言葉は、やはり、米国人の心を、あの秋晴れの青空の日に連れ戻すことができる。それは、3000人近くの無辜(むこ)の民が、世界貿易センタービルや、国防総省やペンシルベニアの野原で、三つのハイジャックされたジェット機に乗ったイスラム過激派によって殺害された日だった。多くの人々にとって、彼らの人間同士の仲間に対する不変の善意として寄せていた無心な信頼も共に死に絶えたのだった。

 数週間後、米国の遠征軍が、攻撃を行った(国際的なテロのアラブ・ネットワーク)アルカイダの首謀者や、彼らの後ろ盾となっている(アフガニスタンの反政府組織)タリバンの連中を捜索するために、アフガニスタンに派遣された。19年後の今、アルカイダは、おおむね、思い出話となっていて、タリバンは、わが軍に攻撃を仕掛けるよりは、自らの国のパワーシェアリングの交渉により多くの熱を入れている。オバマ政権時代に10万人を超えていた米軍部隊は、目下8500人規模であり、トランプ氏は、その人数を、11月3日の大統領選挙の日までに、約4000人に減らす計画である。

 米国にとって、現在進行中の脅威としてのイラクは、せいぜい、うわべだけであるように見えるのだが、サダム・フセインを倒した2003年の侵攻には、地域を連合軍であふれさせ、米国の敵を押さえ付ける効果があった。イスラム・テロの炎は長年燃え続けたが、それらは、大抵、米国本土から遠く離れたところで燃えていた。部隊は2007年のピーク時には16万5000人を数えたが、現在は5200人に減少し、そして、大統領は、今秋、3500人に減らすつもりでいる。

 米国は、国の安全を維持するために貴重な血と人材を支払った。国の部隊を本国に返すという約束によって、トランプ氏は、実際、市民に、ジョン・クィンシー・アダムズ(第6代アメリカ合衆国大統領:1767~1848)の節度を求める呼び掛けの言葉、すなわち、「米国は(全ての人の自由と独立を願っているのであって)モンスターを殺しに海外に出向くのではない」という言葉を思い出させた。

 米国史の9月11日の区切りの1章は終わりに近づいていても、「決して忘れない」という言葉は、生きとし生けるものに、あの残酷な日の犠牲者や、帰国の予定を前にしながら、今もなお、遠くで武装して、あれから、ずっと、国の安全を守ってきてくれている人たちを含め、すべての兵士らを敬うよう、思い起こさせる。果たして、忘れられようか。否、である。(9月10日付)
 

◇ ◆ ◇

To never forget: The iniquity of 9/11 needn’t impel endless hostility

Americans who lived through Sept. 11, 2001, can never forget that fateful day. The fear and anguish the Islamist terror attacks triggered, though, does not mean that the United States must remain at war forever. Nearly a generation on, President Trump is further drawing down the forces that have avenged the terrorists’ victims and safeguarded the nation against follow-up attacks. He is right to do so, and his actions don’t mean Americans will now forget.
Mr. Trump pledged this week to bring home nearly half of the U.S. troops stationed in Iraq, matching an earlier plan for a similar withdrawal from Afghanistan. “We kept America out of new wars, and we’re bringing our troops back home,” the president told supporters at a 2020 presidential campaign rally in North Carolina on Tuesday. “We’re bringing them back home from all of these faraway places.”

The words “never forget” can still transport Americans back to that blue-skied autumn day. It was the moment when nearly 3,000 innocents were murdered in the World Trade Towers, the Pentagon and a Pennsylvania field by Muslim extremists in three hijacked jetliners. For many, an innocent belief in the abiding goodness in their fellow man died with them.

Within weeks, U.S. expeditionary forces were sent to Afghanistan in search of the al Qaeda masterminds of the attack and their Taliban protectors. Nineteen years later, al Qaeda is mostly a memory, and the Taliban is more preoccupied with negotiating power-sharing in their own nation than abetting attacks on ours. U.S. troop levels that surpassed 100,000 during the Obama administration currently stand at 8,500, and Mr. Trump plans to reduce the number to around 4,000 by Election Day on Nov. 3.

Iraq as an existential threat to the U.S. proved sketchy at best, but the 2003 invasion that toppled Saddam Hussein had the effect of flooding the region with allied forces and pinning down America’s enemies. Though the flames of Islamic terror continued to blaze over the years, they burned mostly far from the U.S. homeland. Troop levels that peaked at 165,000 in 2007 have dwindled to the current 5,200, and the president intends to cut them to 3,500 this fall.

America has paid dearly in blood and treasure to keep the nation safe. With his vow to bring the nation’s troops home, Mr. Trump has, in effect, reminded citizens of John Quincy Adams’ restrained America: “She goes not abroad, in search of monsters to destroy.”

Even as the Sept. 11 chapter of American history nears its end, “never forget” reminds the living to always honor that cruel day’s victims and the warriors who have safeguarded the nation since, including those still bearing arms afar who are due to come home. Forget? Never.

September 10, 2020

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。