«
»

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

 多くの米国民は、食品医薬品局(FDA)が政治的圧力で安全性が確認される前に新型コロナウイルスのワクチンを認可することを心配している。また、半数以上が大統領選前に認可され、利用可能になったワクチンの接種を望んでいないことが、世論調査で明らかになった。この調査結果は、新型コロナパンデミックを終わらせることを急ぐあまり、科学より政治が優先されることへの不安が強まっていることを示すものだ。
 FDAに最も不信感を抱いているのが民主党支持者で、85%が無謀なスピードを懸念している。一方、この見方を支持する共和党支持者は3分の1強(35%)にとどまり、無党派層では6割だった。全体では、行き過ぎた圧力を心配しているのは62%だった。

 「ワクチンが出走ゲートに着く前に、FDAやワクチン認可プロセスに対する国民の不信感が信頼をむしばんでいる」。3日に公表された世論調査を実施したカイザー家庭財団のドリュー・アルトマン所長・CEOは、こう指摘した。

 調査によると、米国民の8割以上が、11月3日の大統領選前にワクチンが広く利用可能になるとは思っていない。だが、ワクチンが利用可能になり、広く流通しても、試したいと思っている国民は4割程度にとどまる。

 トランプ大統領は、治験の最終段階にある複数のワクチン候補の中から一つを認可する形で、10月の「サプライズ」にしようとしているとの観測が浮上している。だが、選挙前のワクチン接種を避ける可能性が高いのは、共和党支持者の方だ。世論調査では、共和党支持者の60%、無党派層の56%、民主党支持者の50%が、ワクチンを受けないと答えた。

 FDAとホワイトハウスの当局者は、政治が認可プロセスをゆがめることはないと繰り返している。ただ、ジェローム・アダムズ軍医総監は、全体的に「ワクチンに対して前例のないレベルのためらい」があることを認めた。

 アダムズ氏は9日、上院厚生教育労働年金委員会で「100年に1度の地球規模のパンデミックが大統領選と重なってしまい、メッセージの伝達がさらに難しく、憂慮すべき状況になっている」と語った。「新型コロナタスクフォースの一員として、ワクチンプロセスが政治利用されていることは一切ないと言い切れる」

 アダムズ氏は、ワクチンの準備ができ次第、自分の家族を受けさせる、と語った。

 「近道はしていない。このワクチンは安全であり、有効なものになるだろう。そうでなければ、先に進むことはない」と、アダムズ氏は証言した。

 米国立衛生研究所(NIH)のフランシス・コリンズ所長も、この取り組みに政治介入があってはならないと主張した。

 「そうでなければ、私はこれに加わらない」と、コリンズ氏は証言した。

 科学界は新型コロナのワクチン開発を記録的ペースで進めている。複数の企業がそれぞれ治験者3万人の臨床試験を始めている。

 英・スウェーデンの製薬会社アストラゼネカは、英国人治験者1人に副作用が疑われる症状が出たため、臨床試験を中断した。

 同社は9日、「1件の説明できない症状」が出たことを受け、試験を自主的に中断して研究者が安全性データを検証すると発表した。

 こうした問題を調査するのは珍しいことではない。だが、米国で19万人以上の死者を出した疾病から国民を守るワクチン開発競争が緊迫化するタイミングでの試験中断だ。(9月10日付)
 

◇ ◆ ◇

Americans fear coronavirus vaccine will be based on politics over safety

Most Americans worry that political pressure will force the Food and Drug Administration to approve a coronavirus vaccine before ensuring its safety, and more than half say they wouldn’t want a vaccine that is approved and available before Election Day, according to a poll underscoring fears that politics will override science in the scramble to end the COVID-19 pandemic.
Democrats are most likely to doubt the FDA, with 85% fearing reckless speed, though more than a third of Republicans (35%) and 6 in 10 independents espouse the same view. Overall, 62% worry about undue pressure.

“Public skepticism about the FDA and the process of approving a vaccine is eroding public confidence even before a vaccine gets to the starting gate,” said Drew Altman, president and CEO of the Kaiser Family Foundation, which conducted the poll released Thursday.

More than 8 in 10 Americans don’t believe a vaccine will be widely available by Election Day, Nov. 3, according to the poll. But if a vaccine is available and circulated widely, only about 4 in 10 Americans would want to try it.

President Trump is floating the prospect of an October “surprise” in the form of an approved vaccine from one of multiple candidates in late-stage trials. Yet members of his own party were more likely to say they would shirk a pre-Election Day vaccine. The poll showed 60% of Republicans, 56% of independents and 50% of Democrats saying they would decline the vaccine.

FDA and White House officials have repeatedly said they will not allow politics to taint the approval process, though U.S. Surgeon General Jerome M. Adams acknowledged there are “unprecedented levels of vaccine hesitancy” in general.

“We have a once-in-a-century global pandemic superimposed on a presidential election, and that’s made messaging even more difficult and concerning,” he told the Senate Health, Education, Labor and Pensions Committee on Wednesday. “Here’s what I can tell you: As a member of the coronavirus task force, there’s been no politicization of the vaccine process whatsoever.”

Once a vaccine is ready, Dr. Adams said, his own family will be in line to get it.

“There will be no shortcuts. This vaccine will be safe, it will be effective or it won’t get moved along,” he testified.

National Institutes of Health Director Francis Collins said the effort must be free of political interference.

“Otherwise, I’ll have no part of it,” Dr. Collins testified.

The scientific community is developing COVID-19 vaccines at a record pace, with multiple companies starting human trials with 30,000 enrollees each.

AstraZeneca, a British-Swedish company, said it had to pause its trial because of a suspected adverse reaction in one British participant.

The company said Wednesday that the voluntary pause will allow researchers to review safety data after “a single event of an unexplained illness.”

It’s not uncommon to investigate such hiccups, but the trial has been paused at a fraught time in the race for a proven shot to shield people from a disease that has killed more than 190,000 in the U.S.

September 10, 2020

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。