«
»

戦後75年、米国防長官が太平洋地域の「自由で開かれた秩序」強調

 エスパー米国防長官は2日、第2次世界大戦の終結を記念する式典で、75年前の大日本帝国、ナチス・ドイツと自由世界との闘いと、米国が現在、世界中の同盟国の自由と繁栄を守るために立ち向かっているさまざまな脅威とを比較した。
 エスパー氏は、1945年9月2日に太平洋での戦争を終結させた場所である戦艦ミズーリの艦上で、この古い戦艦がある真珠湾で、日本の奇襲攻撃を受け2400人以上の米国民が死亡、米国は戦争に突入したと述べた。

 「今朝、1941年のあの不名誉な日に命を落としたすべての人々、何年も続いた戦争の間、その後の苦難の中で、一丸となって、自由のための決意を示した何百万人の人々を追悼した」

 エスパー氏は、ドリー・ミラー氏に言及した。戦艦ウェストバージニアの給仕兵だったミラー氏は、重傷を負った艦長を助け、攻撃の訓練を正式には受けていなかったにもかかわらず、対空砲を操り、反撃したことで知られ、海軍の最新空母にその名前が付けられている。

 第2次大戦で、700万人以上が死亡、米国と同盟国は「想像を絶する被害」を受けた。ほぼすべての家庭が、この戦争の影響を受けた。エスパー氏は、最終的には、このがれきの中から、新たな世界秩序が生まれたと指摘した。

 「この戦争で、世界の力のバランスが根本的に変わり、国際秩序は、似た考え、共通の目的、価値観を持つ国々が主導するようになった。その価値観が、その後間もなく台頭するようになるソ連共産主義との何十年もの戦いのための基盤となった」

 二つの大洋に面していても、他の地域で発生した紛争から自国を守れないことが明らかになり、戦争の終結後、米国は、指導的な立場に立つようになった。エスパー氏は、各国の主権の尊重を基礎に、同じ考えを持つ国々との関係が築かれたと指摘した。

 「その結果、現在のルールに基づく国際秩序が生まれ、世界中の何十億人もの人々が半世紀以上にわたって、安全、繁栄、安定を享受できた」

 1945年9月2日、中国と旧ソ連の代表もミズーリを訪れ、日本の降伏を受けた降伏文書に名を連ねた。エスパー氏は、米国は「自由で開かれた秩序」への新たな脅威に直面していると述べたが、その念頭にこの2カ国があることは明らかだ。

 「パートナー国との連合の拡大に取り組んでいる。それには、長年の友好国、以前、敵対していた国も含む。過去から現在まで、何世代にもわたる激しい戦いの中で勝ち取ってきたものを守るためだ。今後も新たな協力関係を築き、この地域全体の既存の連合を強化する」

 エスパー氏は、米国は第2次大戦中よりも安全な世界を守るため、強い決意で臨んでいると述べた。

 「今後も、どんな敵とも戦い、友好国を守る。私たちの価値観を守り、いかなる場合、いかなる場所でも、大切にしているすべてを守る。後退することも、屈することもない。自由は、何ものにも代えられない大切なものであり、先人はそのためにあまりにも多くの犠牲を払ってきた」

(9月2日付)

◇ ◆ ◇

Esper honors end of WWII, talks of ‘broader coalition’ to protect ‘free and open order’ in Pacific

In a ceremony commemorating the end of World War II, Secretary of Defense Mark Esper on Wednesday compared the free world’s struggle 75 years ago against Imperial Japan and Nazi Germany to challenges the United States faces today to ensure freedom and prosperity for allies around the world.
Speaking from aboard the USS Missouri - where the conflict in the Pacific formally came to an end on Sept. 2, 1945 - Mr. Esper noted that the venerable battleship now rests at Pearl Harbor where more than 2,400 Americans were killed in a Japanese sneak attack that launched the U.S. into the war.

“This morning, we pay tribute to all those we lost on that infamous day in 1941 and to the millions more who demonstrated our collective resolve and commitment to freedom in the years of war and hardship that following,” Mr. Esper said.

Among those he mentioned were Dorie Miller - the namesake of the U.S. Navy’s newest aircraft carrier. A Mess Attendant aboard the U.S.S. West Virginia, Mr. Miller aided his mortally wounded captain before manning an anti-aircraft gun to help fight off the attack, although he had no formal training in use of that weapon.

World War II cost more than 70 million lives and resulted in “unimaginable loss” for the U.S. and its allies. Virtually no household was left untouched by the scale or scope of its destruction. But, it ultimately led to the creation of a new world order out of the rubble of the old, Mr. Esper said.

“The war fundamentally altered the global balance of power and reshaped the international order into one led by like-minded nations, grounded in common purpose and shared values that prepared them well for a decades-long struggle against Soviet communism that would soon follow,” he said.

Realizing they could no longer rely on two great oceans to protect them from conflicts that began in other regions, the end of the war prompted the U.S. to assume the mantle of leadership. The U.S. built relationships with like-minded countries, Mr. Esper said, that were based on respect for the sovereignty of nations.

“The result was today’s international rules-based order that has provided security, prosperity and stability to billions of people around the world for well over a half-century,” he said.

While representatives of China and the former Soviet Union were aboard the USS Missouri on Sept. 2, 1945 to add their names to the surrender documents following Japan’s capitulation, those two nations today were clearly on Mr. Esper’s mind when he said the U.S. is today facing new challenges to the “free and open order.”

“We are working to build an even broader coalition of partners - one that includes both longtime friends and former adversaries - to protect the hard-fought gains of generations past and present, especially in the Pacific,” he said. “We continue to forge new partnerships and strengthen our existing ones across this region.”

The U.S. is no less committed to securing a safer world today than it was during World War II, he said.

“We will remain ready to fight any foe and defend any friend. We will safeguard our values and all that we hold dear at every turn, in any place. We will not back down and we will not yield,” Mr. Esper said. “Freedom is far too precious to do otherwise and the sacrifice of those who came before us is far too great.”

September 2, 2020

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。