«
»

トランプ氏再選のカギ握る無党派票の獲得

 無党派の有権者は、民主、共和両党の党大会を無視している。だが、世論調査専門家によると、無党派層はトランプ大統領が大統領選の流れを変える上で働き掛けないといけない有権者だ。
 所属政党のない有権者は、選挙を左右することで知られる。両党とも選挙戦の序盤に支持基盤を固めたため、今年の大統領選では無党派層がこれまで以上に重要な存在になっている。

 トランプ氏にとって良い知らせは、無党派有権者が態度をどう決めるかは、同氏によるところが大きいということだ。複数の著名な世論調査専門家が、ワシントン・タイムズ紙に語った。悪い知らせはおそらく、無党派層はトランプ氏に穏やかさを求めていることだ。

 「私の本能的感覚では、トランプ氏は自分にとって正しいことをしている」。ベテラン世論調査専門家のジョン・ゾグビー氏は、トランプ氏が自らのイメージを和らげようとしていることについて、こう指摘した。

 ただ、今年の両党の党大会は、視聴率が2016年に比べ25%も下落した。これにより、党大会を毎回無視している無党派層にアピールする機会がさらに減っている。

 CBSニュースとユーガブ社による激戦州の世論調査によると、無党派有権者の70%が先週行われた民主党大会をあまり見なかったと答えた。

 無党派層の重要性は、26日に公表されたエコノミスト誌とユーガブ社による激戦州の世論調査で垣間見えた。

 それによると、有権者登録をしている国民の支持率はバイデン氏が50%、トランプ氏が41%で、バイデン氏が9ポイントもリードしている。それが無党派層になると、43%対39%でバイデン氏のリードは4ポイントに縮まる。

 激戦州の世論調査ではまた、無党派有権者はバイデン氏ではなくトランプ氏に基づいて態度を決めていることが浮き彫りになった。

 バイデン氏に投票しようとしている無党派層は、69%がトランプ氏への反対票だと答えたのに対し、バイデン氏自身が選択の理由だと答えたのは29%にとどまった。

 トランプ氏に投票しようとしている無党派層は、対照的に68%がトランプ氏への支持、29%がバイデン氏への反対がその理由だった。

 多くの無党派有権者にとって、候補者の好感度や思いやりが判断の重要な要素になると指摘したのは、キニピアック大世論調査のティム・マロイ副部長だ。

 マロイ氏は、新型コロナウイルスのパンデミックや経済の不透明な状況に打ちのめされた有権者に対し、大統領選で人間味を出すことが重要になると強調した。

 「共感や思いやりが勝利の要素になるかもしれない。われわれは皆、疲れている」と、マロイ氏は語った。

 両党の候補者は、党大会でソフトな側面を見せようと苦心した。

 吃音(きつおん)に苦しんだバイデン氏は、ブレイデン・ハリントン君という13歳の少年を紹介した。ブレイデン君は、バイデン氏が自分に自信を持たせてくれたと懸命に語った。

 「バイデン氏は僕に同じ吃音の仲間だと言ってくれたんだ」。ブレイデン君は、バーチャル党大会のビデオでこう語った。「僕のような人が副大統領になったと聞いて本当に驚いた」

 トランプ氏は共和党全国大会で、刑務所にいる時に改心し、その後、元受刑者の社会復帰を支援する非営利団体「囚人のための希望」を設立した元銀行強盗犯のジョン・ポンダーさんに恩赦を与え、寛大な心を示した。(8月27日付)
 

◇ ◆ ◇

Attracting independent voters crucial for Trump

Independent voters have tuned out the political party conventions, but those are precisely the voters whom President Trump must reach to move the needle in the presidential race, according to pollsters.
These unaffiliated voters, who are notorious for their ability to swing elections, have emerged more important than ever this year after both parties locked down their bases early in the race.

The good news for Mr. Trump is that he is largely in the driver’s seat for how independent voters make up their minds, several top pollsters told The Washington Times. The bad news, perhaps, is that they are looking for Mr. Trump to show he is warm and fuzzy.

“My gut sense is that Trump is doing the right thing for himself,” veteran pollster John Zogby said in a nod to the president’s moves to soften his image.

Still, with ratings for both party conventions this year down 25% from 2016, the odds dwindle for connecting with swing voters who almost always skip the conventions.

A CBS/YouGov battleground tracker poll found that 70% of independent voters said they didn’t watch much, if any, of the Democratic National Convention last week.

The crucial role of independents is glimpsed in an Economist/YouGov survey of voters in battleground states that was released Wednesday.

It showed that among registered voters Mr. Biden had a 9-point advantage over Mr. Trump, 50% to 41%. Among independents, Mr. Biden’s lead shrank to 4 points, 43% to 39%.

The battleground poll also underscored how independent voters are making up their minds based on Mr. Trump rather than Mr. Biden.

Of independent voters planning to vote for Mr. Biden, 69% said they were doing it to vote against Mr. Trump compared with 29% who said Mr. Biden himself was the motivation for their choice.

It was the opposite for independents who plan to vote for Mr. Trump, with 68% deciding because of support for the president and 29% out of opposition to Mr. Biden.

For many independent voters, the decision will come down to a matter of the candidates’ likability and compassion, said Tim Malloy, assistant director of the Quinnipiac University Poll.

He chalked up the importance of exuding humanity in presidential politics to an electorate battered by the COVID-19 pandemic and economic uncertainty.

“Empathy and kindness might be what wins the day,” he said. “We’re all tired.”

Both candidates have labored to show their soft sides during the conventions.

Mr. Biden, who has suffered from stuttering, presented 13-year-old Brayden Harrington, who struggled through a speech to tell how the candidate helped him feel more confident.

“He told me that we were members of the same club: We stutter,” Brayden said in a video during the virtual convention. “It was really amazing to hear that someone like me became vice president.”

Mr. Trump displayed his big heart during the Republican National Convention by granting a pardon to Jon D. Ponder, a former bank robber who turned his life around in prison and later founded a nonprofit called Hope for Prisoners that helps ex-convicts reenter society.

August 27, 2020

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。