«
»

警察の資金停止の話に隠忍自重を求められる

Talk of defunding the police is prompting Americans to arm up

 天気予報が雨と出たら、気の利いた人たちは傘を持っていく。社会的嵐の雲が集まったら、保全策を取る理由は十分ある。最初に新型コロナウイルスが原因で引き起こされた経済崩壊、次に、人種間闘争が原因で、発せられた警報は、全米の市民を安全に対する不安の底に陥れた。警察への資金配分停止の話の拡散で心配が高まって、米国民は良識が命じることを行っている。つまり、銃器の購入を。どこかで、「憲法修正第2条」の起草者らはグータッチをしているに違いない――無論、真剣に。  全国の銃の販売数は、3月に新型コロナによるロックダウンが敷かれると同時に、急増に近い状態を見たが、その後、ミネアポリスのジョージ・フロイドさんの死の追悼式後、大小の都市で人種差別告発暴動が燃え上がった時、劇的に急上昇した。3月以来、米国の通常の購入数のレベルを超えて、300万丁近くの銃器が売れている。増加分の半分は6月中だけのものである。

 予測トレンドが先週、リベラル派のブルッキングス研究所から出された研究の中で報告された。「3月に、致死性の新型コロナと、歯止めなく落下する経済との両方が原因の、個人に関わる安全に対する心配が起きた」と、マサチューセッツ州のウェルズリー大学の経済学教授であるフィリップ・レビン氏とロビン・マックナイト氏は書いている。「6月までは、ウイルスと経済に関する心配は依然残っており、それが、警察活動における人種的不正、拡大する抗議運動、そして警察に対する資金停止問題の議論などの新たな問題とが混ぜこぜにされるようになった」とも。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。