«
»

新型コロナ、紛争地域で拡大か

Coronavirus finds welcome host in world’s war zones

 世界の新型コロナウイルス感染者が22日、1500万人を超える中、紛争地域で見えない脅威が進行している。専門家らはこれらの地域での新型コロナの被害は、破滅的な規模になる可能性があると警告した。  国連のリーダー、医療活動家らは、感染の拡大を抑えようと、世界的な停戦を呼び掛けている。しかし、政府と反政府組織は感染拡大を新たな武器として利用するようになり、停戦実現の可能性は遠のいている。

 シリアでは、2011年から内戦が続いており、アサド政権は、医療関係者が政府支配の依然として及ばない地域への移動を制限する措置を取った。

 イエメンでも内戦が続き、世界最悪の人道危機とも呼ばれてきた。新型コロナの感染をめぐり、サウジアラビアの支援を受ける政府とフーシ派反政府組織の間で非難と政治的戦いが繰り広げられている。フーシ派は、首都サヌアと国内の大部分を支配している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。