«
»

米国 警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

 人種差別に反対す活動家たちは、各地で警察予算の大幅な削減を求めて声を上げている。だが、警察官からは、警察組織の文化を変える最も有効な手段の一つは、若い警官を新たに採用することだが、予算削減はそれを妨げるとの指摘が出ている。
 警察署はすでに、警察官の人員維持や新規採用で困難に直面していた。ジョージ・フロイドさんの死を契機に、警察の役割をめぐって国論が割れ、警察予算の削減を求める主張が巻き起こる以前からだ。

 「多様な人材、質の高い候補者が欲しいなら、そうした人材を見つけるために外に出ていかなければならない。それにはお金が掛かる」。カンザス州のトピカ市警で採用を担当するマット・コッブ巡査部長は語った。「人材を採用するお金が無ければ、どうやって人々がわれわれに求めることを直せというのか」

 「警察幹部調査フォーラム」の昨年の報告書によると、全米の警察署の63%で過去5年間の警官応募が減ったという。半数以上の警察署が応募の減少は重大と答えている。

 テネシー州のナッシュビル市警では、警官の応募が2010年の4700人から18年までに1900人に減った。シアトル市警はこの間、応募が40~50%減少したと報告している。コロラド州のジェファーソン郡保安官事務所では、応募が70%も減ったという。

 一方、警察幹部調査フォーラムによると、以前より早く退職する警官が増えているという。現時点で早期退職の資格がある警官は約8.5%で、5年以内に資格を取得する警官は15.5%に上る。合わせて全警官の4分の1近くに相当する。

 フロイドさんが5月25日にミネアポリス市警による拘束中に死亡した事件を受け、離職率は上昇することが予想される。

 全米で大規模な反警察デモが起きたことを受け、一部の警察署では大量離職が報告された。警官たちは、地元地域や市の政治指導者から支持されていないと感じたため、退職したと語っている。

 「過去10年間、各地の警察署は低い失業率に苦しんでいる」。地域の警察署の採用業務を請け負っているEPICリクルーティングのサム・ブロンダーCEOは語った。

 「世の中には訓練や責務が求められない仕事がたくさんある」とブロンダー氏。「これが警察署の悩みになっている。最近の出来事を受け、この傾向は変わらないだろう」

 警察予算の削減要求は、一部の市役所で受け入れられている。

 ニューヨークのビル・デブラシオ市長は、10億㌦を市警予算から青少年・地域サービスに振り向けることを決めた。予算削減の一環で、採用を一時停止するとともに、警察学校のクラスを2期中止することで、約5000万㌦を削減する。

 ニューヨーク州のロチェスター市議会も、市警予算を50%削減し、採用クラスを半分にすることを承認した。

 専門家からは、こうした予算削減は誤った方向だとの警告が出ている。警官によって武器を持たない黒人が殺害される事件が大きな注目を集めたことを受け、警察を恐れるマイノリティー地域と関係を築くことのできる多様な人材を採用する必要があるが、予算削減により警察署はそれができなくなると、専門家は指摘している。

 「全米黒人警官協会」のチャールズ・ウィルソン会長は、質の高い人材の採用は、警察のシステム化された人種差別の文化を変えるために不可欠だ、と話している。(7月2日付)
 

◇ ◆ ◇

Police warn defunding hurts recruitment

Racial justice activists are cheering the huge budget cuts to police departments across the country, though officers say the downsizing hurts one of the most effective means of changing police culture: recruiting a new generation of officers.
Departments already were having trouble retaining and recruiting police officers before the death of George Floyd divided the nation over the role of law enforcement and spurred calls to defund the police.

“If you want diversity, if you want quality candidates, you have to go out and find those candidates. That costs money,” said Sgt. Matt Cobb, who oversees recruiting for the Topeka Police Department in Kansas. “If we don’t have the money to recruit people, then how do we fix the things people have said about us?”

The Police Executive Research Forum reported last year that 63% of departments nationwide had a decrease in applications over the previous five years. More than half of those departments described the decrease as significant.

Applications to join the Nashville Police Department in Tennessee dropped from 4,700 in 2010 to 1,900 by 2018, the organization said. The Seattle Police Department reported a 40% to 50% decrease in applications during the same period, and the Jefferson County Sheriff’s Office in Colorado said its applications had fallen by 70%.

Meanwhile, officers are leaving the profession faster than ever before, according to the Police Executive Research Forum. Roughly 8.5% of officers are eligible for retirement now and another 15.5% will become eligible within five years - nearly one-quarter of the force combined.

That rate is expected to increase in the aftermath of Floyd’s death May 25 while in Minneapolis police custody.

With massive protests against police across the country, several departments reported mass resignations. Officers said they walked off the job because they no longer felt they had the support of the community and/or their city’s political leaders.

“It has been a struggle for departments over the past decade because of the low unemployment,” said Sam Blonder, CEO of EPIC Recruiting, which recruits on behalf of local police departments.

“There are plenty of jobs out there that required less training and less commitment,” he said. “It has been a struggle for departments, and I don’t see that changing with recent events.”

The calls to defund police found a receptive audience in city halls.

New York Mayor Bill de Blasio yanked $1 billion from the city’s police department and transferred it to youth and community services. As part of the cuts, he implemented a hiring freeze and canceled the next two police academy classes for a savings of about $50 million.

The Rochester City Council in New York approved a 50% reduction in the police department’s budget and cut the recruiting class in half.

Those cuts are misguided, experts warn. They say it forces police departments to back away from diverse candidates who can forge connections with minority communities who fear police after several high-profile deaths of unarmed black men at the hands of law enforcement.

Charles P. Wilson, chairman of the National Association of Black Law Enforcement Officers, said recruiting quality candidates is critical to changing what he says is a culture of systemic racism in policing.

July 2, 2020

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。