«
»

タリバンはアルカイダと協力している―国防総省が警告

 米国防総省は1日、議会への最新の報告で、アフガニスタンの地方は依然、「テロリストの聖域」のままであり、反政府組織タリバンは、アルカイダなどの過激派組織と日常的に協力していると指摘、同国の治安に関して悲観的な見方を示した。
 この報告は議会への提出が義務付けられたもの。トランプ政権は、今年初めにタリバンとの間で交わした和平合意の柱である駐留米軍の削減を進めている。合意は、和平交渉を行い、アフガンをテロ組織の拠点としないという約束をタリバンが果たすかどうかにかかっている。アフガンは米同時多発テロまでの数年間、テロ組織の温床となっていた。

 しかし、合意後、4カ月以上がたち、国防総省は、ほぼ20年ぶりの撤収のペースを速めている。ところが米軍幹部らは、アフガンの一部はタリバンの強固な支配下にあるだけでなく、再びテロ組織の拠点になったとの見方を示した。タリバンは合意を順守する意思はなく、米軍の撤収はかつてないほどの大混乱を招来するとの警告が出されているにもかかわらず、米政府はタリバンとの合意順守を貫いており、今後情勢の複雑化につながる可能性がある。

 国防総省内には、政権が撤収を予定通りに進めるためにアフガンの現状をごまかしていることを示唆する文書が存在するとの専門家の指摘もある。アフガン撤収は、中東の「終わりのない戦争」から手を引くというトランプ氏の公約の柱だ。

 元国防総省高官でアメリカン・エンタープライズ政策研究所(AEI)の研究員、マイケル・ルービン氏は「トランプ政権は情報を政治利用している。タリバンは、アルカイダと決別しておらず」、今後もしないと主張した。

 「タリバンは(和平合意を)順守する気がなく、米国を物笑いの種と考えている。その影響は、米国の外交に及ぶだけでなく、最終的には血が流れることになる」とルービン氏は警告した。

 米政府高官はそのような見方を強く否定し、タリバンと協力できるとの主張を維持している。ポンペオ国務長官は今週、タリバンの副司令官で交渉責任者のバラダル師とテレビ会議で会談、和平合意と今後進むべき道について話し合った。国務省の声明によると、ポンペオ氏は会談で「米国人を攻撃しないなどの約束を守ることへの期待をタリバンに明確に伝えた」。

 しかし、1日の報告は、米軍が撤収を進める一方で、米国が支援するカブール政府はアフガン情勢の混乱を抑える意思も能力もないという主張をさらに補強する格好となった。

 その一方で、ロシアが米兵を殺害したタリバン戦士に「懸賞金」を出すことで、アフガン情勢に介入していた可能性を示す未確認の情報が明らかになった。トランプ氏やホワイトハウス高官らは、この情報を否定しているが、議会には徹底した調査の要求が強まっている。

 国防総省の報告は、ロシアの最終的な政治的目標は、米軍の完全撤収を確実にし、それによって生じた力の空白によって、この地域での影響力を拡大することだとの見方を強調している。

(7月1日付)

◇ ◆ ◇

‘Terrorist sanctuaries': Pentagon warns of Taliban cooperation with al Qaeda

Remote areas of Afghanistan remain home to “terrorist sanctuaries” and some Taliban members routinely cooperate with extremist groups such as al Qaeda, the Pentagon warned Wednesday in a sobering new report to Congress that paints a bleak picture of the security situation inside the country.
The congressionally mandated study comes as the Trump administration forges ahead with a troop drawdown in Afghanistan, a central element of a landmark peace deal struck with the Taliban earlier this year. The agreement hinges on the radical Islamist group’s guarantees that it will enter into peace talks and never again allow the nation to serve as a home base for terrorist organizations as it did in the years leading up to the Sept. 11 attacks.

But more than four months after the deal was signed - and as the Pentagon accelerates the pace of America’s withdrawal after nearly two decades in Afghanistan - U.S. military leaders say that parts of the country not only are under firm Taliban control but have again become terrorist enclaves. The stark warnings could further complicate the administration’s plan to stick by its Taliban peace pact despite major warning signs that its negotiating partner is unwilling or unable to live up to its word, and that an American exit could lead to unprecedented chaos.

Some specialists argue that the information tucked inside the Pentagon documents suggests strongly that the administration is whitewashing the reality inside Afghanistan in order to protect the withdrawal schedule, which represents a key milestone in Mr. Trump’s pledge to get the U.S. out of “endless wars” in the Middle East.

“The Trump administration is engaged in wholesale politicization of intelligence. The Taliban has failed to divorce itself from al Qaeda” and won’t do so in the future, said former Defense Department official Michael Rubin, now a resident scholar at the American Enterprise Institute.

“The fact that the Taliban are unwilling to adhere to [the terms of the peace deal] show that they consider the United States to be a laughingstock,” he said. “The price for that humiliation will not just be paid by Americans diplomatically, but also ultimately in blood.”

Administration officials strongly reject that characterization and publicly maintain they can work with the Taliban. Secretary of State Mike Pompeo this week spoke via video conference with Taliban Deputy and chief negotiator Mullah Baradar to discuss the deal and the path forward in Afghanistan. During the call, Mr. Pompeo “made clear the expectation for the Taliban to live up to their commitments, which include not attacking Americans,” the State Department said in a statement.

But Wednesday’s report could add more fuel to a growing narrative that the U.S.-backed government in Kabul lacks the will or the resources to keep Afghanistan from spinning out of control while U.S. troops head for the exits.

The study comes amid ambiguous U.S. intelligence findings that Russia may be meddling inside Afghanistan by offering “bounties” to Taliban fighters for the targeting of U.S. personnel. President Trump and other top White House officials, however, have downplayed those reports, despite a growing firestorm on Capitol Hill demanding a thorough investigation.

The Pentagon report makes clear that Russia’s ultimate political aim is to secure a full American withdrawal from the country in the hopes that a subsequent power vacuum will allow Moscow to exert even greater influence in the region.

July 1, 2020

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。