«
»

米国の情報機関の改革が必要な訳

Why America’s intelligence agencies need reformation

 米国の情報コミュニティーに関して、ハリウッドの描写だけで判断すれば、米国には、素晴らしい、最高級のハッカー、スパイ、秘書やさまざまなキーボード戦士の集団がいて、クリックするだけで敵のデジタル機器に全部、すぐに侵入したり、シャットダウンしたり、全面的に混乱をさせたりなど、いつでもできる準備ができていると信じたとしても、許されるであろう。  しかしながら、現実は、かつては尊敬されていた中央情報局(CIA)のような機関が、人員の雇用や、サイバー防御および攻撃能力においての仕事ぶりが極めて劣ったものになっていて、その結果、今では、私たちの最高に先進的な、デジタル兵器はサイバー空間を浮遊し、恐らく敵の手に握られているというようなありさまなのである。

 「金ピカの町」(ハリウッドのニックネーム)の話はここまでとして、厳しい真実を見てみよう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。