«
»

現代の「専門知識」信仰を省みては?

Blinded by science: Why modern faith in ‘expertise’ should be tempered

 今日の米国で、最も敬われているのは、技術者である。そういう人たちは、えてして、シリコンバレーやボストンに住み、ワシントン・タイムズ本社近くのメリーランド州モンゴメリー郡にも住んでいる。彼らの働き方は、ピンからキリまでで、まちまちであるが、奇跡的に見える病気治療に関する発表をしたり、銀河系外の星雲を植民地化したり、兵器システムを進化させたり、コンピューターに人の意識を組み込んで不死を達成したりする役割を任せられている。

 国民はこれらの多くを信じている。ある意味、これは分かる。現代科学の約束は、時には誤解もあるが、私たちの奥深くにある欲望に語り掛ける。技術者も企業も、人生に安らぎを与えてくれ、自然に救世主のように見られるようになる。この地位は、彼らに非常に多くの尊敬と、疑わしきは罰せずの恩恵を受けさせる。その一部は、確かにそうだと、人は認めなければなるまい。だから結局、人はその信念を、特に危機の時代には、どこかに置かずにはいられないのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。