«
»

新型コロナ、ストレス研究に巨額の予算

Feds spending millions of dollars to study coronavirus stress

 新型コロナウイルスによって国全体が大変なストレスを感じていることに全米科学財団(NSF)が強い興味を示している。  人口構成によってこのストレスにどのように対処しているのかに関して、25以上もの研究が、巨額の税金を投じて行われるほどだ。子供たちの自宅学習を助けざるを得なくなり、苦労しているニューヨークの親や、「危機に直面した」人々が新型コロナのストレスにどのように適応していくのかに関する研究が行われている。

 緑に触れることが、大学が閉鎖され、自宅に戻っている学生らの助けになるかどうかの研究もある。これとは別に、大学院生がストレスにどう対処しているかに関して16万3033ドルを投じた研究もある。工学部の大学生がストレスにどう対処しているかに関して7万5319ドルを投じている研究もある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。