«
»

「ロシアゲート」から「オバマゲート」へ

From ‘Russiagate’ to ‘Obamagate': The tables turn on Obama administration

 格言にあるように、正義の車輪の回転は遅いかもしれないが、それが道理に合わない回転をするのを無視していると、手痛い驚きに直面する危険を冒すことになる。それは、トランプ大統領を始末しようという、スパイもどきの陰謀に加わったトラブルメーカーらにとっても教訓になる。  突然、マイケル・フリン元大統領補佐官(国家安全保障担当)に対する訴追が取り下げられた。ウィリアム・バー司法長官は、先週の金曜日、勲章を持つ元米国陸軍中将の上に負わされた、彼の前任者らによる、トランプとロシアの間の多項目にわたる癒着調査の最中に連邦捜査局(FBI)にうそをついたという訴訟を取り下げるという動きを起こして、司法判断が犯した不正の償いをした。「政府は、2017年1月24日のインタビューは合法的な捜査の根拠を基に行われたとは納得できない。よって、フリン氏の供述が虚偽だとしても重要だったとは考えられない」と裁判所への提出書類に書かれている。

 連邦地裁のエメット・サリバン首席裁判官は、まだ、この申し立てに判断を下していないが、これが癒着事件の魔女狩りによる著名な犠牲者に対する罪滅ぼしのように見えるのは、アダム・シフ下院議員や、彼の下院情報委員会によって収集された6000ページにわたる秘密の証言の公表が、たまたま軌を一にして行われたためだ。驚いたことに、トランプ陣営は外国の影響下に落ちたとする非難の正当性を確認することを目的としていたシフ氏によって密室で恣意(しい)的に書かれた文書が反対の結論を支持することになったのだ。ジェームス・クラッパー国家情報長官を含む証人らは、トランプのロシアとの癒着に関する主張を支える証拠を持っていないことを認めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。