«
»

バイデン氏の対中国政策

Joe Biden was an advocate for outsourcing critical U.S. industry to China

 最近、ジョー・バイデン前副大統領の話はあまり聞かない。彼はこれから、トランプ大統領と対戦すると、皆が思っている人物である。彼は、わずか約8週間前に、バーモント州選出の上院議員、バーニー・サンダース氏を選挙戦から追い落として以来、新型コロナウイルス感染拡大のおかげで極めて目立たないでいられた。  彼にできる唯一のことは、長くじっとしていることである。一部の人々、特に(トランプ)「抵抗勢力」の一部である民主党員らは、選挙がもっぱらトランプ大統領の話題で持ち切りになるように、バイデン氏に姿を消していてほしいと思っているかもしれないのだ。しかし、現実生活においては、しばらくの間、目にしない人に投票することはないだろう――もっとも、そういうことがあったらの話だが。彼は有権者に、彼が時局の問題では、どの立場の人か、大統領執務室に次に入りたいと思っている人間が、ほかの人と、どんな違ったことをしようと思っているかを知らせなければならないのだ。

 バイデン氏は何よりもまず、しばらく興味を集中させていた米中関係論について、明確にすることである。バイデン氏が上院議員になったのは、国連が、加盟国承認を台湾から取り下げて、中国に与えてから、ほんの数カ月後のことだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。