«
»

新型コロナ治療で抗マラリア薬に脚光

Trump-touted malaria drug front and center in coronavirus treatment fight

 マラリア治療薬として65年前から使用されている薬が急に、世界で論争の焦点になった。新型コロナウイルス(COVID―19)とトランプ大統領がその原因だ。  米食品医薬品局(FDA)が、クロロキンと、クロロキンを基に作られたヒドロキシクロロキンをCOVID―19治療薬として承認して以降、ソーシャルメディアでは、副作用で死に至る可能性があるという警告が投稿されている。

 トランプ氏批判で知られる医師のユージーン・グ氏は「人間はモルモットではない。私たち医師は『まず、害を及ぼしてはならない』と厳粛に誓った。つまり、副作用で死に至る可能性があり、新型コロナに対する効果が実証されておらず、臨床実験でのエビデンスがない薬を試験的に使用することはないということだ」と主張した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。