«
»

名も知られたイスラム聖戦士の残虐行為

A known jihadi goes on a rampage

 先週のロンドンの残虐行為は暗澹(あんたん)たる気持ちにさせる皮肉なものであった。  すでに身元が知れたイスラム過激派の1人が、ロンドン橋の近くで、刃物による残虐行為に及び、しかも、彼は、捕まえることができた人は誰でもよく、切り付けたのであった。この突発事件の結果、無実の市民2人が死亡した。殺人者は、ウスマン・カーン(パキスタン人)という人間で、一般人らに取り押さえられたが、取り押さえられなければ、被害者はさらに増えていたはずだ。英国在住の、レストランで料理人として働いていた1人のポーランド人が、テロリストを取り押さえたということで、にわかに有名になった。彼は、その英雄的行為をしていた時に複数の傷を負った。

 ウスマン・カーンは、実際、この途方もない残虐行為を犯す前に、すでにテロ関連攻撃で有罪判決を受けていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。