«
»

ブルームバーグ氏大統領選出馬へ

Bloomberg out the gate

 これが、もし、ロシアかウクライナで起こっているとしたら、私たちは、メディアが読むであろう台本が想像できる。「メディア帝国と、下院の支配政党(野党)とに深い関係を持つオリガルヒ(ロシアの新興財閥の指導者)が、大統領選に出馬しようとしています。彼は、勝利を手にするためには、自分のカネを何百万㌦でも使うつもりです。この人物は、メディアを黙らせることも、できるのです」などと。  ここで言う「オリガルヒ」とは、無論、580億㌦の男、マイケル・ブルームバーグ氏である(注)。ブルームバーグ氏は、ボストン郊外育ちのきっぷのいい人物で、情報・ニュース帝国を作り、それを世界一の企業に仕立て上げた。彼は、それから、比較的上首尾に終わったニューヨーク市長として3期務めた。最初は、共和党員として、後に、無党派として。彼の仕事歴はほぼ立派なものだった。彼の監視下で犯罪は減り、ニューヨーク市の財政は安定した。

 そして今、ほかの約587人に加わって、ブルームバーグ氏は、民主党員として大統領選に出馬しようとしているのだ。彼はすでに、3000万㌦以上の大金を最初のテレビ広告につぎ込んだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。