«
»

先入観に基づいた弾劾

Impeachment prejudice

 美は見る人次第で違ってくるというのは、当然である。しかし、意味も聞く人次第なことも、記憶を呼び戻そうとする人は覚えておく必要があるかもしれない。なぜなら、先入観という心の中の世界でフィルターにかけられた言葉には、驚くべき歪曲(わいきょく)が施され得るからである。大統領の弾劾問題のための証人という言葉にまさに判断を下そうとしている米国人は、直接的事実に焦点を絞って行うべきであって、大統領の中傷者の偏見によって形作られた先入観は捨てなければならない。

 水曜日は、非公開で証言を済ませていた大統領に対する告発人が国民の精査に直面するプロセスの開始日となった。最初のおしゃべり屋は、ウィリアム・B・テイラー駐ウクライナ米代理大使であった。彼は、トランプ氏が、7月25日の電話中に、ウクライナのウォロドミル・ゼレンスキー大統領に、民主党大統領候補のジョー・バイデン氏と、バイデン氏の息子、ハンター氏が関わっていたエネルギー会社、ブリスマ・ホールディングスとを、米軍事支援と引き換えに調査してくれるように頼み込んだという違法な「見返り」事件をでっち上げようとしたとの物語によって、民主党の訴追を引き起こしたさまざまな出来事の記憶を呼び戻したのであった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。