■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • トランプ米大統領長男が内部告発者の名前をツイッターに投稿

     トランプ米大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏は6日、自分の父親が関わる弾劾調査の中心である内部告発者とみられる人物の身元をツイッターで明かした。内部告発に関する法律では、政府の不正行為を訴えた人物は匿名が守られるが、ジュニア氏はこれに挑戦している。

     内部告発者と疑われる人物の名前はこの数週間、米議会の議事堂や下院の議場を含めワシントンで出回っていた。

     トランプ氏の息子はニュースサイト「ブレイトバートニュース」の「内部告発者と疑われる人物は反トランプ文書をでっち上げた者と緊密に協力していた」と題する記事をリツイートした。ブレイトバートの記事によると、内部告発者は(ロシア疑惑の発端となった)元英諜報(ちょうほう)員クリストファー・スティール氏による反トランプ文書を作成した主要人物たちとつながっていたというのだ。

     ジュニア氏はこの記事に関し、「この男がやったに決まっている!」とツイートした。

     ワシントン・タイムズ紙は内部告発者の身元を独自に確かめておらず、個人名を出すのは控えている。

     内部告発者と疑われる人物の名前は、「リアル・クリア・インベスティゲーション」が先週報じた詳細記事で初めて明らかになった。記事は、コネティカット州出身で民主党員の33歳の男が内部告発者だと暴露した。

     記事によると、男はオバマ前政権時代のホワイトハウス、特にジョン・ブレナン中央情報局(CIA)長官やスーザン・ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)とつながりがあったという。男はまた、2015~16年にウクライナ・ロシア問題でジョー・バイデン副大統領に仕えていた。

     内部告発者の弁護士マーク・ザイド氏は、依頼人の身元について肯定も否定もするつもりはない。

     「われわれは内部告発者の名前を特定しようとする要求については、一切肯定も否定もしない。正確か不正確かにかかわらず、名前を公表しようとすることは、内部告発者と家族の健康や安全を危険にさらす恐れがある。名前の公表は配慮に欠け、無責任で、非難されるべきだ」。ザイド氏はワシントン・タイムズ紙にこう語った。

     チャールズ・シューマー上院院内総務は6日、「憲法に立ち向かう」内部告発者が大統領や議員の標的になることがあってはならないと述べた。

     「ホワイトハウスやある上院議員は、連邦の内部告発者保護を無視し、法を破り、内部告発者と家族の健康と安全を危険にさらしても構わないとあからさまに主張している」。ニューヨーク州選出の民主党議員であるシューマー氏は、上院の議場での演説でこう語った。「恥ずべきことだ。言語道断だ」

     こうした反発が出たのは、共和党のランド・ポール上院議員(ケンタッキー州選出)が今週、内部告発者の名前を公表するかもしれないと述べたからだ。ポール氏はメディアもそうすべきだと訴えている。

     ポール氏の主張によれば、ウクライナ大統領との交渉でトランプ氏が不正を働いたと告発している男の名前を公表するのを禁じる法律はないという。

     だが、チャールズ・グラスリー上院議員(アイオワ州選出)ら一部の共和党議員は、ポール氏が内部告発者の名前を公表することに反対している。

     グラスリー氏は「今回の内部告発者を含め、長年、内部告発者保護を主張してきた者として、私は内部告発者が最大限保護されることを望む」と語った。(11月7日付)
     
    *アイキャッチ画像はGage Skidmoreより引用

    ◇ ◆ ◇

    Trump Jr. tweets name of individual thought to be whistleblower


    Donald Trump Jr. on Wednesday tweeted out the identity of the man thought to be the whistleblower at the center of the impeachment inquiry implicating his father, challenging whistleblower laws that protect the anonymity of people who claim governmental wrongdoing.
    The name of the alleged whistleblower has been circulating in Washington for weeks, including in the halls of Congress and on the House chamber floor.

    The president’s son retweeted a Breitbart News article with the headline, “Alleged ‘Whistleblower’ […] Worked Closely with Anti-Trump Dossier Hoaxer.” The Breitbart article suggests the whistleblower interacted with key players who produced the anti-Trump Steele dossier.

    He tweeted in connection to the story, “Of course he did!!!”

    The Washington Times has not independently verified the whistleblower’s identity and is withholding the name of the individual.

    The name of the person suspected to be the whistleblower was first published by Real Clear Investigations in a detailed article last week, disclosing the 33-year-old man is originally from Connecticut and is a registered Democrat.

    The article says the man had ties to the Obama White House, specifically CIA Director John O. Brennan and President Obama’s National Security Adviser Susan Rice. He also worked for Vice President Joseph R. Biden on Ukraine and Russia matters from 2015-2016, according to the report.

    The whistleblower’s attorney, Mark Zaid, would not confirm or deny the identity of his client.

    “We are neither going to confirm nor deny any request that seeks to identify the name of the whistleblower. Any effort to publish a name, whether accurate or not, will place that individual’s health and safety, and that of their family, in potential jeopardy. Publication of any name is reckless and irresponsible and must be condemned,” Mr. Zaid told The Washington Times.

    Senate Minority Leader Charles E. Schumer on Wednesday said whistleblowers “who stand up to the Constitution” should not be targeted by the president or members of the legislative branch.

    “The White House and even a member of this chamber are openly advocating that federal whistleblower protections be violated, that laws be broken, and that the health and safety of the whistleblower and their family be put at risk,” the New York Democrat said in a Senate floor speech. “Shame. Shame. Just outrageous.”

    The pushback comes after Sen. Rand Paul, Kentucky Republican, said this week that he might disclose the whistleblower’s name and urged the media to do so.

    The Kentucky Republican insisted there is no law stopping him from outing the man who is accusing the president of wrongdoing in negotiations with the president of Ukraine.

    Several Republicans, though, have objected to Mr. Paul disclosing the whistleblower’s name, including Sen. Charles E. Grassley of Iowa.

    “A person like me that has advocated for whistleblowers for a long period of time, including this whistleblower, I want maximum protection for whistleblowers,” Mr. Grassley said.

    July 7, 2019

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。