«
»

司法長官、不寛容な世俗主義者を批判

Barr takes issue with intolerant secularism

 ウィリアム・バー司法長官は先週末、嵐を巻き起こした――当たり前のことを述べたのであるが。インディアナ州サウスベンドのノートルダム大学で土曜日に行ったスピーチの中で、長官は、高まりつつある「過激な世俗主義」が、全米の宗教社会に戦争を仕掛けていることを指摘したのだ。自分も生き、他人も生かせ、という考えに満足せず、そういう連中は、気に入らない宗教的慣行を踏みつぶそうとしている。彼らの宗教や、宗教人に対する攻撃は危険で、合衆国の建国の土台であった宗教的自由の原則からの著しい逸脱を象徴しているというのだ。

 一部の人が彼の発言の本意を誤解しているが、バー司法長官の本当の不満は、無神論者や不可知論者に関するものではなかった。人には、キリスト教徒や、イスラム教徒や、あるいは、ユダヤ教徒にもなる権利があるように、米国で無神論者になる権利は皆に等しく与えられており、バー氏も十分そのことは明らかに認識している。話は違っていて、バー氏は、自分たちの生活様式を他人に押し付けようとする不寛容な世俗主義者の問題を取り上げているのである。そういう姿勢は、米国憲法にうたわれている原理――そして、実際、米国人の魂に打ち込まれている原理――に反するものなのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。