«
»

「自由はただではない」

‘Freedom is not free’

 「自由はただではない」という言葉が一番普通に使われるのは、軍人の仕事に感謝の気持ちを伝える時だろう。そして、それは、私たち皆が享受している自由は、退役軍人や、軍隊で現在働いている人たちにリスクを負ってもらい、犠牲になってもらって初めて可能なのだ、ということを認識できるようになるために使われるのだ。

 「自由はただではない」は、ワシントンの「朝鮮戦争戦没者慰霊碑」の壁にさえ刻まれている。しかし、デモ行進好きな左翼の連中の言っていることを聞くと、自由はただではないかもしれないが――それでも、ただであるべきだと言っているように思える。

 無数の不満をぶちまけるために、定期的にワシントンDCに繰り出す種々雑多な特別利益団体は、彼らのデモや行進に掛かる費用は全部、市や連邦政府に払わなくてもよいと思っているのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。