«
»

弾劾を利用する政治は危険だ

Perilous politics of impeachment

 水曜日に公表されたトランプ大統領のウクライナのウォロドミル・ゼレンスキー大統領との通話記録は、それが公表される前に湧き上がったヒステリー状態を完全には支持するものではない。軍事支援の見返りの話はなく、司法省は、通話の中には何も違法な点は見つからなかったし、その件で、選挙違反に当たるものもないということが分かったとする声明を出した。そして、ジョー・バイデンと彼の息子のハンターが、金曜日にウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた8回ではなく、3回言及されている。

 なるほど、2016年の選挙中に民主党全国委員会(DNC)がハッキングを受けた時、調査を依頼した米国のセキュリティーソフトウエア会社、クラウドストライクという名前にトランプ大統領が言及しており、確かに、トランプ大統領が現在進行中のロシア介入疑惑の捜査で助けを求めているように見える。そして、捜査の中で、トランプの選挙運動の関係者、特に、ポール・マナフォートといった人たちを追及するためのオバマ政権の仕事の詳細が表に出てくることもあり得る。長年、民主党員は、2016年の選挙介入疑惑をもっと真剣に、徹底的に捜査するようにトランプに向かって説教し、弾劾するぞと脅してきている


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。