«
»

匿名論説記事掲載の1周年記念日

An anniversary of anonymity

 9月5日は、ニューヨーク・タイムズの未曽有の論説記事掲載の1周年記念日である。「私は、トランプ政権内部の抵抗勢力の一員である」と題して、匿名で書かれた記事が出された後、数週間ほど、ワシントンの言論界は揺れ動いた。  民主党員や、主流メディアの多くは、その論説欄――そして、その論説の著者を勇敢だと褒めたが、965語から成る長文の著者に関する臆測は乱れ飛んだ。それには副題が付いていて「私は大統領の下で働いているが、同じような考えを持つ仲間と私は、彼の行動計画や彼の最悪の性向をそぎ、抑え込もうと誓っている」と書かれていた。

 論説報道の1周年記念日が近づくに従い、今週になって臆測が息を吹き返している。その論説は、その記事が政権内の「政府高官」と特徴付けられている何者かによって書かれているとされる。(われわれは、ここで文法的に明確化を図ろうとするならば、「高官」は当時「一人の男性」であったか、今も存在する人であると、臆測しようとしている)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。