«
»

サウスダコタ州、米国のモットー「われわれは神を信じる」を学校で掲示

South Dakota schools adding ‘In God We Trust’ to walls

 サウスダコタ州ラピッドシティーにあるビードル小学校では、新学期に戻ってくる子供たちは、幾つかのことに気が付くだろう。体育館のフロアがピカピカに新しくなったこと、庭園のヒマワリの背が高くなったこと、そして、「われわれは神を信じる」というモットーがスコアボードの上に書かれていることだ。  これはビードル小学校だけのことではない。サウスダコタ州内の全ての公立学校で、生徒たちは校内に掲示された米国の公式モットーを目にすることになる。連邦議会が公式モットーを「多数から一つへ」から変えたのは1950年代のことだ。同州の措置は、クリスティー・ノエム知事が今春署名して成立した法律に基づくものである。

 「米国が神の下の一つの国家であると宣言するのをためらってはいけない」。ノエム知事は先月、こうツイートした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。