«
»

FBI長官、中国は最大のスパイの脅威だと警告

FBI director warns China is biggest espionage threat to U.S.

 中国がもたらすスパイの脅威は、ロシアを含む他のどの国よりも深刻であり、米連邦捜査局(FBI)は中国政府に起因する知的財産窃盗事件を1000件以上捜査している。クリストファー・レイFBI長官が22日、明らかにした。  レイ長官はこの脅威を「根深く、多様で、広範かつ厄介だ」と呼び、航空宇宙産業から農業まであらゆる分野に及んでいると指摘。また、その戦術はコンピューター・ハッキングや社員の取り込みなど多岐にわたると語った。

 レイ氏によると、特に弱点となっているのが、米国の高等教育機関だ。知的財産が中国に流れる「パイプライン」になっており、中国の経済目標の前進につながっているという。

 「中国は米国に対する経済的優位を確保しようとしているが、米国民の税金がそれに使われないように、われわれはもっと注意しなければならない」。レイ氏は上院司法委員会で証言した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。