«
»

民主党左派と連携の好機と捉える米国共産党

Communist Party sees opportunity with far left

 【シカゴ】米国共産党は全国党大会で二つのテーマで結束したように見えると結論付けた。一つは、共産党は影響力を拡大する民主党左派にとって重要な協力者であること。もう一つは、米国共産党の未来は有望であるということだ。

 米国共産党は主導権を握る立場で台頭するのか、それとも2020年大統領選に出馬している民主党候補の政策に盛り込まれた幅広い社会主義運動に埋没してしまうのか。この疑問について、党幹部は共産党の赤い星は燃え上がり続けることに自信を示した。

 一方、共産党のジョン・バクテル書記長は基調演説で、全ての目標はトランプ大統領を倒すことに集約されるべきだ、と訴えた。

 「目標はトランプ氏と上院多数派の共和党を引きずり下ろし、民主党の下院多数派を守り、共産主義者を含む民主党の候補を支援しながら、州知事・議会の共和党支配を打破することだ」。バクテル氏はこう主張した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。