«
»

結党100周年の米国共産党、理想の方向にシフトした民主党を称賛

 米国共産党が今週末、シカゴで開く会議で結党100周年を祝う。共産党が最も待ち望んできた幾つかの目標を民主党が既に取り入れる中で、共産党の未来はどうなるか、疑問が山積している。  会議に向けた準備の話し合いの中で出てきたのは、次のような議論だ。アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員が提案している「グリーン・ニューディール」を共産党は支持すべきかどうか。これは「イエス」が圧倒的だった。もう一つは、中国がついに社会主義の実験に成功したのかどうかだ。

 会議では、党員が選挙権の拡大や不法移民の合法化、2020年の選挙で共和党に反対することなどを盛り込んだ決議案を採決する。これらは最近、民主党が議会で行う記者会見で耳にする内容ばかりだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。