«
»

中国人ハッカー、国外のウイグル族を標的

フェイスブックが阻止

 インターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブック(FB)は24日、中国のハッカー集団が、国外に居住するウイグル族のアカウントに侵入したり、マルウエア(悪意あるソフト)に感染させたりしようとしていたが、阻止したと発表した。

 フェイスブックによると、このハッカー集団は、中国の「アース・エンプーサ」と「イービル・アイ」で、「トルコ、カザフスタン、米国、シリア、オーストラリア、カナダなどに住む新疆ウイグル自治区出身の活動家、ジャーナリストら」約500人を標的としていた。

 ウイグル族がよくアクセスするサイトやトルコ語のニュースサイトに似せたサイトを使ったり、サイトに侵入して悪意のあるコードを仕込んで、マルウエアをインストールさせたりするなど、「標的を特定し、マルウエアに感染させて、監視できるようにするため」さまざまな手法を取っていたという。

 また、信頼を得るためにフェイスブック上で、ジャーナリストや人権活動家になりすましていたケースもあったという。

 フェイスブックは、この活動を検出、阻止するため、他社にも情報を提供したことを明らかにした。

(ワシントン・タイムズ特約)

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。