«
»

不透明な自動車産業の未来

ジョージ・ウィル

技術革新で新車種開発 規制したがる監督機関

米コラムニスト ジョージ・ウィル

 鉄を曲げ、メッキを施し、20世紀の米国を魅了した自信に満ちた、ステータスの象徴としての自動車。その自動車産業は、ゼネラル・モーターズ(GM)に代表されるオールドエコノミーの代名詞のような存在だった。GMの倒産すらも米経済の反映だった。そして今、GMのメアリー・パーラCEOは、すぐにニューエコノミー時代の自動車が造られるようになると豪語した。この自動車に盛り込まれる技術は、ほんの10年前に誕生したスマートフォンに魅了され、そこからある種の自信のようなものを得てきた現在の消費者の感性や期待に応えられるものでなければならない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。