«
»

米民主党全国委員会ハッキング事件の原因に疑念強まる

 昨年、米民主党全国委員会(DNC)のコンピューターがハッキングされ、民主党がバーニー・サンダース氏よりもヒラリー・クリントン氏をひいきしていることを示す数千通の電子メールがウィキリークスによって暴露された。ハッキングはロシア工作員によって実施されたというのが社会通念になっているが、これが厳密な調査の対象になっている。

 以前は異端、過激と考えられていた説が、主流になり始めた。国家安全保障局(NSA)や中央情報局(CIA)の元当局者たちから成る著名なグループが、2016年大統領選を揺り動かしたハッキング事件は、実際はハッキングではなく、DNCのコンピューターネットワークに物理的にアクセスできる内部関係者によるリークだったと主張しているためだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。