ワシントン・タイムズ・ジャパン

米国内の中国スパイ2万5千人、中国人実業家語る

ビル・ガーツ

 米国内の中国のスパイネットワークは、最大2万5000人の工作員、米国で勧誘された要員1万5000人以上を擁し、2012年以降、攻撃的なスパイ活動に転じた。中国の軍・情報機関幹部らと交流があるとされる中国人実業家、郭文貴氏が明らかにした。

 不動産投資家の郭氏は、2015年に中国を脱出、中国共産党幹部らの不正を暴露しており、中国政府は1月から同氏への監視を強化しているという。現在はニューヨークに滞在、米国のマスコミのインタビューを受けるのは初めてだ。

 郭氏によると、1989年の民主化要求運動、天安門事件で兄弟が警官によって殺害された。「制度全体を変えるべきだと思っている」と中国の民主化への意欲を示した。

 郭氏によると、中国の米国での情報活動は、2012年に現在の国家主席、習近平氏が中国共産党の最高職、中央委員会総書記など権力を掌握して以来大幅に強化された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。