«
»

北朝鮮の非核化へ「最大限の圧力」、米韓首脳が会談

 トランプ米大統領は30日、訪米中の文在寅・韓国大統領とホワイトハウスで会談した。両首脳は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対応するため、協力関係をさらに進める必要性を確認。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、北朝鮮に対して「断固とした対応が必要だ」と述べ、強い姿勢で臨む構えを示した。

文在寅氏(左)とトランプ氏

6月30日、ホワイトハウスで首脳会談後、声明を発表する韓国の文在寅大統領(左)とトランプ米大統領(EPA=時事)

 両国が発表した共同声明では、北朝鮮に「最大限の圧力をかけるため、新たな措置を講じる」と明記。また北朝鮮に対する抑止と防衛を強化するため、日米韓3カ国の協力を重視する内容も盛り込まれた。

 トランプ氏は記者会見で「北朝鮮の脅威から同盟国と米国民を守る」と強調。さらに「戦略的忍耐の時代は失敗だった。忍耐は終わった」と述べ、韓半島の非核化に向けて圧力を継続していく考えを示した。

 これに対し、文氏は挑発姿勢を続ける北朝鮮に懸念を示しながらも、「段階的・包括的アプローチの中で、制裁と対話の両方を駆使する」として対話の必要性を強調。北朝鮮が核放棄を確約しない限り対話には応じない姿勢を示しているトランプ政権との違いが見られた。

 首脳会談にはロス米商務長官やコーン国家経済会議(NEC)委員長も同席し、2国間の経済問題が話し合われた。ロス氏は米韓自由貿易協定(FTA)発効後に米国の対韓国貿易赤字が増えたと指摘。貿易不均衡を是正するため、規制撤廃などの改善を求めた。

 トランプ氏も会見で米韓FTAについて「米国にとって厳しい協定だ。今後は違ったものになるだろう」と述べ、見直しに意欲を示した。

 一方、文氏は「両国の経済連携は未来を目指す同盟の発展に向け、重要な柱だ」としたが、FTAの見直しが必要かどうかについては言及しなかった。

 また文氏はトランプ氏の年内訪韓を要請。トランプ氏もこれを受け入れた。両国は7月7、8日にドイツで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて、日米韓3カ国の首脳会談を行うことも発表した。

(ワシントン岩城喜之)

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。