«
»

キリスト教徒の言論の自由が奪われている-宗教放送協会

 全米宗教放送協会(NRB)の最高責任者は、保守派著名人がトランプ政権で重職を占めていることに元気づけられているが、トランプ大統領が支持している信教の自由と保護に関する法律には懸念を抱いていると述べた。

 NRBの会長兼最高経営責任者(CEO)ジェリー・ジョンソン氏は「勇気づけられ、失望した」と述べた。NRBは1000以上のメディア、通信機関からなり、約6000万人のリスナーを持つ。

 ジョンソン氏はワシントン・タイムズとの独占インタビューで記者、編集者らに、信教の自由に対する連邦政府の取り組みについて保守派キリスト教徒が懸念を持っていることを強調、キリスト教徒が求める法律の成立が遅れているのは、政界内の分裂が原因であり、トランプ氏が原因ではないと主張した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。