«
»

中国製機器が米国防総省に、通信傍受や破壊工作の懸念

ビル・ガーツ

 中国政府との関連が指摘される同国大手通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)が、米国防総省と国土安全保障省に通信設備を売却していたことが、国防総省科学委員会の報告「サイバー・サプライ・チェーン」で明らかになり、通信傍受や破壊工作へ新たな懸念が生じている。

 報告は「悪意のあるソフトウエアの挿入によって、成功しなかったものの、重要な兵器システムが攻撃を受ける可能性があったことが分かった」と、外国からサプライチェーンの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用して、米国の兵器・機器にサイバー破壊行為が仕掛けられる危険性を警告している。

 中国深圳に本社を持つスマートフォンの世界的大手、ZTEは、米国の下請け企業を通じて国防総省と国土安保省に機器を供給している。米当局者によると、下請けにすることで、中国通信機器の使用を禁じた措置を回避することができる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。