«
»

NATO軽視するトランプ氏、集団防衛の再確認を拒否

Charles Krauthammer

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 どうしたものだろう。トランプ大統領は先週の北大西洋条約機構(NATO)での演説で、一加盟国への攻撃は全加盟国への攻撃とみなす第5条をはっきりと再確認しなかった。

 これは、大変なことだ。トランプ氏は、NATO訪問中にNATOへの関与を確認しなかった。すでに、副大統領、国務長官、国防長官を送って、第5条の順守を確約したのではなかったのか。

 いずれにしても、米国が核による壊滅的な被害を受ける危険を冒して、エストニアのためにロシアと実際に戦争するなど誰も考えない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。