«
»

判事指名めぐる戦い、ゴーサッチ氏の指名承認へ

Charles Krauthammer

共和党は議事妨害を阻止

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 あいまいな物言い、隠蔽(いんぺい)、露骨なごまかし、最高裁判事指名承認、議事進行妨害をめぐる共和党内のどたばたほど面白いものはない。議事進行妨害に反対であれ、支持であれ、これは、両党ともすでによく分かっていることだ。両党はこの問題について、熱意と確信をもって議論するが、候補者のイデオロギーによって、どちらを支持するかを臆面もなく変えてきた。

 誰もが確かな信念を持ち、これが生々しい現実をめぐる戦いであることも分かっている。民主党のハリー・リード氏は2013年、同党が上院を支配し、オバマ氏が大統領だった時、最高裁判事指名承認をめぐる議事進行妨害をできなくした。3人のリベラル派判事をワシントンの巡回控訴裁判所に送り込むためだ。

 ◇民主の悪しき前例


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。