«
»

日本は新情報機関の設立を

ビル・ガーツ

安保専門コラムニスト ビル・ガーツ氏に聞く

トランプ米政権は情報戦争時代にどう対応すると考えるか。

 情報戦争能力を強化させることは、トランプ政権における喫緊の課題の一つだ。トランプ政権は情報戦争に対して効果的で新しい行動が必要だと理解している。また、敵からの攻撃をどのように防ぎ、攻撃を受けたらどう対処すべきかという「サイバー抑止力」を作り出す方法を検討している。

 トランプ氏はレーガン政権流の「力による平和」を目指している。私は「力による平和」と同時に、敵を抑えるための情報戦争能力を持つ「情報力による平和」を提言したい。

トランプ氏は、自身に不利な情報を情報機関がメディアにリークしていると批判している。これについてどう考えるか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。